【医師 副業】私が絶対やらない3案件を紹介するよ

どうも、ドロッポ医界の顔出さない系ブロガーCastella (カステラ女王様 @Rainha_Castella )です。12月のブログからの収益が2,000円超えました。読んでくださっている皆さま、ありがとうございます。大きな金額ではないけれど、嬉しいです。

さて、医者辞めたいけど食べて行けるのか心配な方や、今のまま病院で働きながら空いた時間(ってあるかどうか知りませんが)に副業したい方って、けっこういらっしゃるのではないでしょうか?

隠居しているアテクシ、興味あることはとりあえずやってみることにしています。おそらく、「医師免許持ってる業界」の中では、「医師以外の仕事」をけっこうした方に入るんじゃないかな〜と、思ってます。たぶん世界で1500番目くらい(テキトー)。

今回は、その経験? を生かして、今後(よほどのことがなければ)絶対にやらない副業案件をご紹介します。

なお、副業でも医者やりたいって人は、医局とか先輩医師からの残り物バイト以外の伝手として、医師バイトのエージェントに登録しておくのは悪くないです(個人的には不可欠と思ってる)。今の所、私は、九州なら民間医局、それ以外の地域ならエムスリーオススメしてます。

 

絶対やらない副業 総論

時間労働に時間労働を重ねる系

ポイント
時間労働に時間労働を重ねる系の副業は、体力消耗するのでおすすめしません。

具体的には、本業で勤務医やって、副業で別の病院の日直や当直するような働き方。
程度にもよりますが、これって、個人的には、患者さんの命と、自分の健康と、家族の平和を全て崩壊させる罰ゲームだと思っています。

けれども、別病院の当直バイトって、実際には、医者が最もよく行う副業バイト

例えば、私が所属してた医局では、上級医が作った「忙しい系〇〇病院当直当番表(バイト)」が医局の壁に貼ってあり、そのバイトはほぼほぼ義務でした。もちろん、その忙しい系当直バイトをありがたがる同期医師もけっこういたし、必要に思う若い医師もいるのかもしれません。

にゃんこ
女王様は若い頃はやってたの?
女王様
んー、行くときもあったけど、希望者がいれば譲ってたよ。私、労働より睡眠を尊ぶ女王様だしw

体力あるんなら忙しい系当直バイトもいいんでしょうけど、私は嫌でした。1秒でも快適な場所で長く寝たい、ただそれだけ。隙間時間で国試必勝本とか書いて稼ぐ方がマシ

本って、一回書けば(単価は高くなくとも)情報が新鮮なうちは、ずっと印税が入ってくるから。自分が働いてなくても、本が勝手に稼いでくれるんです。

スキルや経験が蓄積されない系

ポイント
スキルや経験が蓄積されない系の副業は、バカになるのでオススメしません。

例えば、勤務医やってる場合、寝当直バイトがあったとして、わざわざ移動にエネルギー費やしてやるほどの価値がありますか? いや、ない(異論は認める)。寝当直、人気だけどね。

にゃんこ
女王様は若い頃はやってたの?
女王様
私、寝当直するのに移動のエネルキー使うくらいなら、自己研鑽してるアピールしたい女王様だったのよw(←書いてて恥ずかしい)

医局に上級医が作った「忙しい系〇〇病院当直当番表(バイト)」が貼ってあるくらいだから、寝当直も行きたい放題。。。じゃないのは、医師の皆さんならご存知ですね。上級医が紹介したんじゃない寝当直は上級医からは「病棟放って、アイツは金儲けのバイトばっかだ」と睨まれかねない。私的に割が合わない。

そんなことするくらいなら、病棟の医局で勉強してるアピールした後、自分ちで快適に眠った方がマシです。

絶対やらない副業 各論

総論をみたところで、個別に見ていきましょう。私が今後絶対にやらない副業は、以下の3つです。

  1. 医療・医学系Webライター
  2. 不動産
  3. 名前だけ産業医

それぞれ、理由と、代替案をご紹介します。

絶対やらない副業1:医療・医学系Webライター

女王様
これは報酬が10倍どーんになっても、二度とやんない。
にゃんこ
あれ? 女王様、書くの結構好きなのに?
いつでもどこでもできるのに?

医師で書くのが苦手でなかったりすると、副業にやっちゃいがちですよね? 恥ずかしながら、私もやらかしちゃった人の一人です。隙間時間でできなくもないし。

超大昔、医師国家試験向けの安易なぺらっぺらの必勝本や、教科書なんかも(数ページだけど)つきあいで書いたことがあるので、できるだろうと思って引き受けたんです。報酬も悪くなかったし。

絶対やらない理由1:明らかに間違っている記事と自分の記事が同等に並ぶのが辛いから

私が医療系ライターしてた時は、医師免許持ってること自体がめっちゃ恥ずかしかったので、匿名の素人として「医師が監修する」案件を選んでいました。ちゃんとした医師に監修してもらえるんならいいかなーって感じで。

でも、その監修機能がどこまで働いているか、怪しいんですよね。。。今にして思えば。

女王様
ネット記事という性質上、クライエントさんは、医学的に正しくてツマンナイ記事よりも、読者がキーワード検索して群がってくれる記事を期待しています。

正確に正確に正確にと調べた記事よりも、検索で上位に上がってくる読みやすい記事の方が好まれるの(当然と言えば当然)。だから、そのまま採用されるとは限りません。多少の編集がある。でも、どの段階で編集されてるのは分からない。

私のクライエントさんは、正確な記事を書きたいという要求に応えてくれる人で、かなーり、アタリでした。けれども、クライエントさんがアタリとはいえ、結局は、私もたくさんいる素人ライターの1人。「医師が監修したはずの素人さんが書いた記事」と「ホントは医師である自分の記事」が並び、「医師が監修したはずなのに明らかに間違っている」記事の方が人気があったりすると、なんだか辛い。

それに、そうやって無記名で書いた記事は、資産や実績として積み上がってこないし、記名で残せば残したで「信頼」という財産を失ってしまいかねません。まだ残念論文を量産した方がマシなレベル。

絶対やらない理由2:割に合わない努力をしてしまうから

さて、素人として引き受けていた私ですが、世間様に医学記事や医療記事を発信するからには、(無記名の素人として書くとはいえ)やっぱり嘘は書きたくないわけで、ものっそい調べるわけですよ。特にクライエントさんが指定したキーワードが自分の専門じゃない場合は、かなりの負担になります。

特に原稿料が上がってからは、心の奥底に残ったつまらんプライドが邪魔して、「厚生労働省同等のかそれ以上のもので、かつ読みやすいものを」とか欲がでちゃうんだよね(できないけど)。

女王様
クライエントさんはそこまで要求してないのに、なんか、最新の論文とかまでじっくり読み込んで、記事書いちゃったりとかしちゃうんだよ。英語苦手なのに。

そこら辺、割り切って書けるのなら良かったのでしょうが、割り切れる医師は、すごく少ないと思います。だって、医者ってオタク気質の人多いでしょ? 過剰にアウトプット出そうと努力しちゃうでしょ? だからこそ、うっかり医者になっちゃったんでしょ? それに、間違ったこと書いて、それを鵜呑みにした人が健康上の不利益被ったら嫌すぎる

今は、私も自分のブログに、産業医学に関する記事とか書いてるけど、これだって、自分の専門分野なのに、時間かかります。これが、クライエントに指定された自分の専門外の分野だったりすると、もっと時間がかかり、割りに合わないことこの上なし。

結局、時間労働に時間労働を積み重ねる仕事になっちゃうの。しかも実績として積み上がらない。だから私は、今後はやらないです(たぶん)。

医療・医学系Webライターを絶対やらない理由まとめ

1)匿名記事を量産しても、スキルも実績も積み上がらない
2)結局、きちんと正確に書こうとすると、時間労働に時間労働を重ねることになってしまう

医療・医学系Webライターの代替案

数ヶ月前より、Google先生のブログ評価基準が変わったため、素人の書いた医療ブログはGoogle検索で上に来なくなりました。逆に言えば、それなりの医療専門サイトで、医師として顔出し名前出し所属出しOKなら、かなり良い案件もあるってこと(以前からそうなんだけどね)。例えば、メディカルトリビューンとか、日経メディカルOnlineとかの医者向けWeb雑誌は、案件として悪くない。私は顔出し名前だし嫌なので、原則やりませんが。

でもね、ぶっちゃけますが、結局は、何か書くのだったら、普通に自分の専門分野で、きちんとした普通の本を書くのがよろしいです。っていうか、それ、副業の王道です。10年前に付き合いで書いた本の数ページから得られる印税の方が、今の所、ブログ収入よりは多いですから!

そう、医療・医学系Webライターの代替案は自分の専門分野できちんと普通の本を出版すること。これなら、時間労働に時間労働を重ねることなく、本業と両立可能です。

絶対やらない副業2:不動産オーナー

まあ、現在進行形でやってるし、これが稼ぎ頭なんですけどね、実際には。
でも、始めたのは15年くらい前なんですよ、コレ。当時、何かあって(←忘れた)不動産安かったの。いい感じの中古物件だったの。さらに、キャッシュで購入したの。そして、地元だから土地勘もあったの。

つまり、今なら手を出さないけど、今、当時と同じ条件が揃ったら、やっぱり手を出すと思うのよね。だから、絶対やらないというよりは、後悔してるような、正解だったような、やっぱり絶対やりたくないような、ってところです。

絶対やらない(かもしれない)理由1:思ってるよりずっと手がかかるから

私の場合、日本の不動産をカナダで遠隔操作して管理している都合もあって、当初の予定より手がかかりすぎて、頭おかしくなりそうになることがあります。まだ日本にいれば、マシだったかもしれないけど。。。

でも、今持っている物件は、所有して久しいので、なんだか可愛くなっちゃって、手放せないの。老後、日本で過ごすことがあれば、その棟の1部屋に入りたいなぁ〜って思うくらいには好みの仕上がりなんです。

あと、不動産業界は海千山千の剛の者が多くて、管理している上で、心折れそうになることは覚悟ね。いい人も多いんだけどね。でも、いい人でも海千山千だから! そこんとこヨロシク!

絶対やらない(かもしれない)理由2:不動産はちゃんと手をかけないと目減りするから

不動産って、ちゃんと手をかけてメンテナンスしないと、すごい勢いで資産価値が目減りします。

手抜きすると、その代償は、家賃の値下げとそれに応じた使い方の荒い入居者、そして、どんどん不動産の価値も減るというデフレスパイラル。手抜きしなくても、街の雰囲気の変化によっては詰むこともあります。

現状維持するためには、住んでいる人に「ここを離れたくない」と思う住まいを提供することは必要最低限。

さらに、今となっては所有してる物件が可愛くってしょうがないので、なんだか過剰な愛情かけちゃうんです。。。

愛とは具体的に、手間とお金(メンテナンス)、入居者の絞り込み。基本、メンテナンスや入居者の選定は不動産屋さんや管理会社に丸投げしているけど、その不動産屋さんや管理会社との関係すらも、可愛い物件ちゃんが良い状態でいるために、メンテナンスしなくちゃいけないわけ。

女王様
海千山千の剛の者とやりとりしつつ、細かいことを継続して行うってのは、私にとっては、修行のようです。物件が可愛くなかったらとっくに売り飛ばしてると思う。

要するに、寝る暇もないほど忙しい勤務医にはおすすめできない副業ってことです。友人にも不動産やってる医師はいるけど、不動産業メインで、医業の方が副業になっちゃってます。で、やっぱり彼女も、可愛がってる物件は売れないらしい。

不動産オーナーを絶対やらない理由まとめ

1)海千山千の剛の者とのやりとりが少なからずある
2)入居者満足&資産価値を保とうとすると、結局、時間労働に時間労働を重ねることになってしまう

不動産オーナーの代替案

不動産は副業ではなく、本業でどうぞ。不動産するんなら、医業の方を副業にした方が、安定します。

どうしても今から不動産やりたい人は、この本くらいは読んどこう。これ読んで「無理」と思ったら、やっぱりそれは「無理」です。

絶対やらない副業3:名前だけ産業医

名前だけ産業医は、やっちゃアカンやつです。うっかり引き受けてしまっていたら、走って逃げましょう。

絶対やらない理由:産業医としてのスキルが伸びない上に、ブラック企業の片棒を担ぐことになるから

これね、産業医資格持ってると、やって来るんですよ。「職場巡視とか、何にもしなくていいから月2万円でお願いします、ハンコだけでいいから!」って。厚生労働省のストレスチェック始まってから多少減ったけど、未だにある。

日本にわずかな間しか滞在しない私のところに散々話があるくらいだから、日本にずっといる先生とか、断りきれずに引き受けちゃったりするのかもしれないなーと、余計なお世話な心配しています。特に、町工場が密集する地域の中に1件だけあるような開業医の先生とか、工場の社長さんが患者さんとして来ることがあるので、その延長だから。。。ってノリでうっかり引き受けないようにね。

女王様
職場巡視しないしない産業医なんて、産業廃棄物以下だから!

言っておきますが、こういう依頼するとこって、もれなく、例外なく、100%ブラック企業です。
名前だけの産業医になって、ブラック企業の片棒担いで、そこで働く人の健康損ねたくないでしょ?

名前だけ産業医を絶対やらない理由まとめ

1)産業医としてのスキルすら、全く積み上がらない。信頼も失う
2)医師として一番やりたくないこと(ブラック企業の片棒担いで、そこで働く人の健康を損ねること)をしてしまう可能性がとても高い

名前だけ産業医の代替案

産業医自体は、私はとっても楽しい仕事と思うんで、やりたいなら本業で、がっつり極めるつもりでやってほしいな。つまり、名前だけ産業医の代替案は、がっつり産業医。

臨床が向かない人の中に、ものすごく産業医向けの人が隠れていることがあります。やってみて合わないと感じれば臨床に戻れば良いし、産業医やったことは臨床の邪魔にはなりません。

まとめ:時間労働x時間労働、スキルや実績が蓄積されないものはオススメしない

大事なことなので、繰り返しますが、時間労働に時間労働を重ねる系の副業と、スキルや資産が蓄積されない系の副業はおすすめしません。
そして、何より、自分の信頼を損ねるような副業はやめましょう。ま、ドロッポ医に言われなくても、わかってると思うけど。

にゃんこ
おすすめ副業ってあるの?
女王様
うーん、実は万人向けのものって思いつかない。
とりあえずバイトって人には、九州なら民間医局、それ以外ならエムスリーかなあ。
にゃんこ
えー、それって、女王様の嫌いな時間労働x時間労働じゃん。

そうなんです。実際問題として、医師免許って、現時点では、食いっぱぐれないための最強アイテムの一つではあるのです。

でもね、本書くとか、ブログ書くとか、仮想通貨やってみるとか、FXするとか、株やるとか、起業するとか、マンガ描くとか、教科書書くとか、プログラミングと医療を組み合わせるとか。。。知識や情報を資産化・不労所得化する副業って色々あるんですよ。当直バイトとか日直バイトばかりを副業にしないで、何か始めてみたらどうかな?

それでもって、副業が軌道にのるまでは、使えるもの(医師免許)は使ったらいいんじゃないかな。もちろん、本業でも使えるわけだし。

だからこそ、先輩とか医局以外のところから、自力でバイトを探せる状態にしておくのはとっても大事。以下に私が使ってみて良かったバイト斡旋会社の紹介記事貼っときます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください