カナダで医師になれなかった私が、カナダで医師になるまでの流れを雑に解説するよ

にゃんこ
ふおおおお、残念すぎるタイトル。
女王様
ほっとけ。

大まかな流れ

大きく分けると、永住権と医師国家試験と語学試験の3本立て。

カナダ移民になる(永住権をとる)

にゃんこ
えええええ、永住権とらなきゃいけないの?
女王様
うーん、私の勘違いかもしれないけど、永住権取らないと免許取れない、と、思う。
ただ、MCCEE(医師国家試験予備試験)までは、永住権なくても受験できるのは確かだけど。

私は先に移民(配偶者ビザ)になっちゃったんで、もしかしたら、永住権なくても、方法があるのかもしれないけど、よく分かんないんです。申し訳ないけど、自力でググってください。

医師国家試験(英語かフランス語で受験可能)

  • MCCEE (医師国家試験予備試験)
  • MCCQE Part 1(1ヶ所に集まって、オンラインで)
  • 臨床研修+OSCE
  • MCCQE Part 2(1ヶ所に集まって、一人一人個別の部屋で、OSCE形式)

臨床研修とOSCE(Objective Structured Clinical Examination)はセット。臨床研修終えるとOSCEを受験します。

上述全部終了するとカナダでも(とりあえず)医師として働けます。

補足

臨床研修は、語学系試験に合格していないと受けられない。
*私は語学系試験に合格していなかったので、臨床研修受けてません。

MCCQE Part2は、MCCQE Part1に合格していれば、(臨床研修を受けていなくても)受験できる。

ここから先のことは、私にとっては未知の世界。

Family Practitioner (家庭医)になって開業したり、Specialist (専門医)になるためには、マッチングを経てさらに修練を積む必要がある、はず、と、思います(テキトー)。 興味がある方は自力でググってね。で、そのマッチングの時に(私の理解が間違ってなければ)、永住権か市民権が必要です。

それから、私は臨床系の専門医ではないので、調べることすらしなかったのだけど、ある特定の分野で専門医を持ってると、MCCEEとMCCQEはすっ飛ばして、いきなり臨床研修を受け、英語力つけて+カナダの医療に慣れてから、MCCQE等の試験を受験するという方法もあるらしい(?)です。ただ、これは、移民友達(彼女も自分の国では医師だったけど、カナダでは超音波技師になっている)に聞いた話なので、ガセネタかもしれません。

語学系(英語またはフランス語のどちらか一方)

まあ、私の場合は、英語なんで、単にTOEFLなんですけどね。

当時は、①TOEFL-CBTで237点以上+②TSEで50点以上 でした。TSEっていうのはTest of Spoken Englishのことで、英会話のTOEFLですね。TOEFL-iBTになってからは、TSEもTOEFLに組み込まれています。

私は英会話がとても苦手で(語学系全部苦手で、標準語もうまく喋れません)、TSEでは最高得点が45点。数回受けたうちのほとんど全て35点〜40点でした。

当時、私は、同時進行で、カナダの大学院(労働/産業医学)入学も狙っていたため、TOEFL-CBTも受験しており、TOEFL-CBTでは、奇跡的に高得点(250点超えてたと思う)が取れました。大学院入学については、当時は英会話力は問われなかったので、非常にラッキーでした(今はどうか分からないので、大学院入学狙ってる方は、自力で調べてね)。

なお、現在、臨床研修受けるのに必要なTOEFLの点数はTOEFL-iBTで93点以上(州によって多少違います)。ただし、Reading、Writing、Speaking、Listening どの分野でも21点以上という基準になっているようです(1つでも21点未満の分野があったらダメ)が、もう、臨床研修受ける気も調べる気もないんで、興味があるかたは自力でググってください。

他も全力でググれ

にゃんこ
えええ、読者に丸投げ?
女王様
ここで詳しく書いても、州によって違うし、制度も変わり続けるから、その時々で自分でググらないと、色々無理&無駄なんだよ。

関係ありそうなところのリンク

International Medical Graduate Office : Canadian Medical Residency

Canadian Resident Matching Service

Medical Council of Canada Evaluating Examination (MCCEE)

Medical Council of Canada Qualifying Examination Part I (MCCQE Part 1)

Medical Council of Canada Qualifying Examination Part II (MCCQE Part 2)

勉強道具&参考書

私が受験したのは隠居前(10年以上前)なので、細かく紹介しても無駄。ですから、細かい紹介はしませんが、以下のものは役に立つはずです。

  • USMLE(アメリカ合衆国の医師国家試験)用のテキスト全般:カナダの医学部の本屋さんにも売ってて、学生がまとめてドンって感じで購入してます。
  • Toronto Note:MCCQE 用の唯一のテキスト。これがないと、何からどう手をつけていいか分からないと思います。
  • 過去問:これが移民にはなかなか手に入らないのですよ! 存在すら知らない移民医師も多い。でも、カナダの医学部学生や臨床研修中の人を知っていれば、分けてもらえることもあります。私は、移民の医師友達のそのまた知り合い経由で、コピーを入手しました。過去問は正義。

おまけ

私が受験したのは10年以上前なので、試験会場の状況などは全く違うと思いますが、多少は参考になるかもなので、ここに置いときます。

MCCEE 受験した時の様子(今は違うと思うけど、私の時ね)

会場

  • カナダ国内のホテル等の宴会場(受験地域は第2希望まで選べる)
  • 私の時は、モントリオールのQueen Elizabeth Hotel 。なかなか素敵ホテル(泊まってみたw)

受験者たち

  • 全員、カナダ以外の国の医学部卒業した人
  • モントリオール会場では150人ほど(その年は、カナダ全土で受験者総数800人ほどいたらしい)
  • 長机にパイプ椅子
  • オヤツとか持って来てれば、食べたり飲んだりしながら受験して良い

試験問題

  • 当時は、324問のマークシート方式。マークシート用紙をひたすら塗りつぶす
  • 英語とフランス語から好きな方を選べる(問題冊子は1冊で、1冊が英語側とフランス語側になっている)

時間

  • 3時間30分×2(午前・午後)
  • だいたい90秒で1問とけばよい

MCCQE Part 1 受験した時の様子(今は違うと思うけど、私の時ね)

会場

  • カナダ国内の8つの大学のいずれか(受験地域は第2希望まで選べる)
  • 医学部内コンピュータ室
  • 試験期間10日間から試験日が割り振られるが、日程は、選べない
  • 一つの部屋に10~15人ほど
  • おやつ&飲み物の持ち込み不可!(涙)
  • その代わり、午前&午後の合間に、飲み物とオヤツがでます

受験者たち

  • カナダの医学部を卒業した人か、MCCEEに合格した外国人医師
  • 私の時は、外国人医師は会場に私1人だった

午前の部:マルチプルチョイス

問題:1セクション28問×7セクション(セクション間の後戻不可)
時間:3時間30分  *60秒に1問

午後の部:記述問題/選択問題

問題:1ケース1~5問×35~40ケース(ケース間の後戻不可)
時間:4時間   *6分に1ケース

MCCQE Part 2 受験した時の様子(今は違うと思うけど、私の時ね)

会場

  • カナダ国内の8つの大学のいずれか(受験地域は第2希望まで選べる)
  • 医学部内小講義室
  • 私の時は受験者が50人くらいいて、順番に試験会場をぐるぐる巡回
  • おやつ&飲み物の持ち込み不可!(涙)
  • その代わり、試験前と、試験の合間に、飲み物とオヤツがでます

試験前のオヤツ

受験者たち

  • MCCQE Part 1に合格した人
  • 私の時は、外国人医師は会場に私1人だった

試験前。初対面の受験生に頼んで写真撮ってもらう空気よめなさっぷりを発揮

 試験問題

  • 全て臨床実地問題。
  • モデルの患者さん(役者さん)がいて、病気のフリをしている(すっごく上手)
  • 聴診などが必要な場合は、当該ヶ所に聴診器を当てると、採点者が所見を口頭で言う(湿性ラ音とか)
  • 問診等が必要な場合には、受験者の質問に対して、役者さんがあらかじめ決められた内容を回答していく
  • 小手術(切開排膿など)が必要な場合には、シリコンでできた人体模型、手洗い用のシンク、手袋、なんちゃってキシロカインや、注射器や、メスなども置いてある。ちなみに、切開したら、ちゃんと膿ぽいのが出て来て、びびった
  • 10 Minutes Station×7Case:ケースとケースの間に10分休みあり(前の人が受験してる)
  • 5 Minutes Station ×7Case:ケースとケースの間に5分休みあり(前の人が受験してる)

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください