医者やめたい病(2):治療

あら、再びこんな場末のブログにようこそ。

医者やめたい病に罹患することなくスカッと爽やかに医者やめちゃったドロッポエリートの私。正直「嫌なら全力で逃げ道確保して、やめたらいいじゃん? 人生辞めるよりずっとマシよ?」って思ってたりもします。

あっ、こんにちは、ドロッポ医界の女王様、Castella(カステラ女王様 @Rainha_Castella )です。

でも、医者やめたい病(1)の方でも書いたように、責任感やら使命感やら、医師である自分に紐付けされたアイデンティティやら、そう簡単でもないってのも、分からんではないのです。それに、辞めたい理由が業務の多さだけとか、医局の理不尽とかだけだったら、医者辞める前にできることも沢山ある気がする。

そんなことどうでもいいから、さっさとバイト探したい人はこちら。

医者やめたい病の治療

医師やめたい病(1)で紹介したマッシー池田先生が提案する「医者やめたい病のあなたのための認知行動療法」はこちら。めっちゃ面白いので読んでね(マッシー池田先生から何かもらっているわけではありません。ってか、一面識もありません)。

したに、わたしがかんがえるさいきょうのちりょうほうをかいてみるよ。

治療法1:医者以外の方法で稼ぐ方法を妄想する

思い出してみてください。高校〜大学生の時って医師免許なんて持ってなかったけど、バイトでけっこう稼げてませんでした? そもそも、医者の人口って、だいたい0.2%くらい。つまり99.8%の人は、医者以外の方法で稼いでちゃんと生活してるわけ。

医者以外の方法で稼ぐのは、特殊なことでもなんでもなく、99.8%の人は医者以外の方法で稼いでるんです。医師免許返上しろとまでは言いません(私もしてない、むしろ美味しいとこだけ吸ってる)。

でもね、もし、医師免許取り上げられても世の終わりにはならないよ? 知ってた?

それにね、医者って、世のため人のためになってる感の強い仕事で、実際そうなんだけど、大抵の仕事は私利私欲のためだけに行なったとしても、どのみち世のため人のためになっちゃうんですよ? 知ってた?

治療法2:医者以外の方法で稼ぐ方法の妄想のいくつかを実行する

医者以外の方法で生活できる程度に稼ぐ方法を妄想したら、いくつか実行してみましょう。私が医者になってからやってみたのは、不動産、株、ブログ(今書いているこのブログで月1万円くらい)、教科書執筆(ほんの数ページだけど、ブログ収入くらいは今も稼げてる)、カナダの大学生相手に数学教える(Teaching Assistant :授業料が払える程度には稼げた)などです。

女王様

医者以外の方法でも稼げることが分かると一気に心が楽になります。
生活は急には楽にならないけどね〜♪

今の所、私の今の主要な稼ぎ頭は不動産+勤め人の夫によるサポートですが、医者以外の方法で稼げたら

  • 医者辞めるもよし
  • 「いつでも辞められるも〜ん」と脱力系医者続けるもよし
  • もちろん、医師としてのクオリティは保ちつつ、時短に挑むもよし
  • 投資に回すもよし(←オススメ)

治療法3:医者以外の方法で稼いだらor余剰金が発生したら生産&投資してみる

日々の奴隷労働による疲れをを、一円にもならないゲームなどの消費活動だけで癒していませんか?

例えば、医者以外の方法で、12,000円稼げたとします。6,000円は貯金して、6,000円で新しいゲーム買っちゃえ! なんて、いつまでたっても奴隷労働かが抜け出せない構図です。蛸壺労働ってあるじゃないですか? 給料日に博打させるんですよ、必ず負けるので、そこから抜け出せない。それと大差ない(あくまでもイメージです)。

私もゲーム好きだった頃はありますが、猛烈に反省している最中です。

1,000円からでいいので、運用に回して,「労働時間を減らしても生活が成り立つ基盤」をさっさと複数作りましょう。少しでも奴隷労働以外の収入が確保できたら自由度は格段に上がります。

にゃんこ
女王様、偉そうに語ってるけど、カナダの株は、先週金曜日に始めたばっかじゃん。
女王様
125ドルで口座開いて、10ドルの手数料払って、10ドルで株買っちゃった。銀行員に鼻で笑われたけどw
でも、70ドルのゲーム2本買うより遊べます。スイッチのゼルダよりは確実に面白い。

治療法4:イケてる奴隷医は論文を、そうでない奴隷医はブログを書こう

「医者の給与は時給でコンビニバイト並」って愚痴は死ぬほどダサいで書いたように、奴隷医の愚痴って死ぬほどダサいと思ってます。だって、その愚痴、30年前から(もっと前から)あるのよ?

せっかく30年以上前から同じ愚痴が語り継がれているんだから、現状を改善するとか、何も変わらないんならとっとと逃げるとか、もうちょっと、こう。。。ま、いいか。

ただ、愚痴って、どこかで排出しないと、逃げ場がなくなってしまうのもわかります。

そういうわけで、愚痴を文字に起こすのはいかが? リテラシー高くてちゃんと文献引っ張ってこれる奴隷医は論文を、んな面倒臭いことやりたくない奴隷医はブログ書いて、愚痴を財産として蓄積するのはどうでしょうか? 論文はいつか出世?の足しに、ブログはマネタイズしてお小遣いにできます。

っていうか、私は、みなさんのブログ読みたいです。書いたら教えてね。英語苦手なくせにカナダに住んでるんで、日本語に飢えてます。

女王様
愚痴は聞いてもつまんないけど、愚痴っぽいブログは読み物としては秀逸。

治療法5:他のブログとかに書いてあるかもしれない治療法

もっとマトモな治療法は、ドロッポ医じゃない人によって他のブログとかにに書いてあると思うんで、ここではさらっと。

この中で医師事務作業補助者の導入は、マッシー池田先生の「医者やめたい病のあなたのための認知行動療法」についで、かなりオススメです。別にニチイさんとかパソナさんから何かもらってるわけじゃないですよ。

元奴隷医(今はホワイト職場だけどドロッポはしてない)の友人に聞いてみたところ、医師事務作業補助者が入ると診断書とか各種保険入院証明書とか介護保険意見書とか障害年金の意見書とかの作成がびっくりするほど楽になるそうです(N=2ですが今の所100%)。しかも、自分で書くより漏れがなく申請も通りやすいらしい。

保険の入院証明書とか障害年金の意見書とか、読むのは医療従事者ではありません。医療従事者でない人が読んで入院の必要性がわかったり、年金の必要性を理解しないと、保険も年金も申請が通らない。医師事務作業補助者が書いた書類の方が申請が通りやすいってむしろ当たり前かも。

世の中にはめっちゃ有能な人が埋もれているので、どんどん発掘して楽になりましょう。

人生やめるくらいなら医者はやめよう、でも、リスクは最小限に

できれば、四方八方と喧嘩してやめたり、他に稼ぐあてもないのに辞めちゃうのはやめましょう。独身ならそれでもイケそうですが、配偶者がいたり子供がいたりする場合はもうちょっと慎重な方がよろしいです。リスクは最小限にね。

私のTweetじゃないけど、リスク最小限にする方法の1つとして、以下はとても参考になるかと。ブログやTweet読む限り、めっちゃいい人っぽいし、こういう若い人がいるのは嬉しいね。

医師免許ある場合は、「1.スキルつけて労働所得アップ」は既にそこそこうまくいってる(?)はずなので、いきなり2. あるいは3. から始められます。

医師免許持った状態で医者を辞めるのはチートに近い

「医者の給与は時給でコンビニバイト並」って愚痴は死ぬほどダサいと思ってしまうのは、30年以上前から劣悪だと分かってる医師の労働環境を変える気も逃げる気もないくせに、コンビニでバイトしたこともないくせに無自覚に自分の職業はコンビニバイトより多額の報酬をもらって当たり前と思ってるのが透けて見えるから。本当にそう思うんなら、とっとと医者やめて、コンビニバイトすればいいじゃん、とすら思う。

医者やめたい病(1)でも同じこと書いたけど、医師免許を持った状態で医師辞めるって、一種のチートです。医師免許を持ってること自体が、本当はけっこう恵まれてるってことに無自覚であってはイカンと思うのですよ。そこまで謙虚でなくてもいいけど。

でも、チートアイテム医師免許を真摯に誠実に使って、睡眠時間削って、家族や大切な人との時間を削って、たくさんの人助けて自分が燃え尽きて人生まで辞めちゃったら意味がないとも思うのです。

医師やめたい病は医師免許持ってても治療できます。まずは、医局に頼らずバイトして稼ぎましょう。話はそれからだ。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください