初心者ブロガーWordPressデビューまでの最短8ステップ

Castella(カステラ女王様 @Rainha_Castella)です。ちょっと前までWordPressって何?だったブログ初心者です。最終的にブログでウハウハに稼ぐことを目指しています。が、この記事も入れてやっと5記事目。

ブログ初心者にとって、WordPress 使って最初の1つ書くのって、むちゃくちゃハードル高い。私も最初の1つ書くまでに、苦労しちゃったので(隠居中なのに!)、3週間前の自分に向けて書くつもりで、初心者がWordPressインストールしてブログデビューするまでの最短8ステップについて書いてみました。

なお、この記事は、アフィリエイト(?)というもので稼ごうとしているので、広告をたくさん貼っています。広告を踏んだ人がそのサイトで何か購入すると、私に購入額の数%収入がある(?)はずです。ちょっとよく分かりませんが。

アフィリエイト広告の前には(広告)と入れておきましたので、アフィリエイト広告を踏みたくない人は、クリックしないでね。

ーーーーー

なんかごめん。。。初めに言っときます。自分オリジナルで書いたんですが、優良かつ有名ブログ「八木仁平オフィシャルブログ」の [画像153枚で図解] WordPress(ワードプレス)ブログの始め方完全マニュアル の劣化コピーになってしまいました。八木仁平オフィシャルブログに行った方がいいです。悲しいけど。

私のブログで違う箇所は、以下の3箇所のみ、ホント、ごめん。

  • ステップ3’;エックスサーバーで独自ドメイン取得しちゃった方が楽(お名前.com要らない)
  • ステップ6:最低限のセキュリティ対策
  • ステップ8:WordPressで5記事書く前はしなくて良いことリスト

でも、せっかく3日がかりで記事書いたので、一応、世の中に出すんだぜ。

 

目次でサクッと把握

ステップ1:3つ単語覚える。WordPressとサーバーとドメイン。

とりあえず、意味わかんなくていいので、3単語だけ覚えましょう。

  • WordPress
  • サーバー
  • ドメイン(名)

この3つで、現時点ではオーケー。

正直、今も私もちゃんとは分かりませんが、この記事入れて5つ記事書けたから(たぶん)大丈夫。

現時点でのアテクシの雑な理解を絵に描いてみました。ツッコミどころ満載でしょうが、この程度の理解でなんとかなるってことです。

それから、

今まで、ブログと言えば、アメブロ(アメーバブログ)(©️ CyberAgent, Inc.)とかBlogger(©️ Google Inc.)とかgoo ブログ(©️ NTT Resonant Inc.)くらいしか知らず、WordPressも似たような感じで簡単にブログ作成できるんだろう。。。と、思ってたんです。でも、違うから!

私の雑な理解では、アメブロとかBloggerとかgoo ブログでは、はじめっからWordPressみたいなブログ作成ソフトが、それぞれの会社のサーバーにインストールされてます。また、これらの会社のブログは、その会社のサーバー上にドメイン(領域)が割り当てられているので、紐付け作業も不要。その代わり、割り当てられたドメインの名前(サイトのUSL)には、ameblo.jp/ とか、blogspot.com とか、blog.goo.ne.jp/ とかが付いています。

ステップ2:レンタルサーバーの契約をする WordPress使うならエックスサーバーが良いらしい

WordPress使う場合の世の中のおすすめは、XSERVER(エックスサーバ一) のようです。なんでそれがいいのか、私にはさっぱり分かりませんでしたが、(広告)エックスサーバー を勧める人が多い=わからないことがあった時にググりやすいので、私も(広告)エックスサーバー にしました。

(広告)エックスサーバー には、お試し期間が10日間あります。料金はプランによって違いますが、

  • 初期費用(最初だけ):一律3,000円(税込3,240円)
  • 使用料金 一番安いX10(スタンダードプラン):3ヶ月3,600円(税込3,888円)

です。

私は今回、3ヶ月分支払いました。が、次回更新の時は、面倒臭いので、たぶん

  • 使用料金 一番安いX10(スタンダードプラン):12ヶ月分12,000円(税込12,960円)

を支払ってしまうと思います。12ヶ月分だと、1ヶ月あたり200円安くなります。

 

 

契約までの手順を下に示します。

1)エックスサーバーのウェブサイトに行って、「お申し込みはこちら」をクリック

エックスサーバーのウェブサイト(広告)http://www.xserver.ne.jp/ に行くと、下の画面が出てくるので、「お申し込みはこちら」をクリック。

出典:XSERVERホームページ

2)「サーバー新規お申し込み[無料お試し10日間]」をクリック

 

3)初期ドメインに名前をつけ、X10(スタンダード)を選び、必要事項を記入

下のような画面が出てくるので、まず、以下の2つをやってください。

  • サーバーID(初期ドメイン)は、24365とか適当につけていいのですが、後から変えられません。本気のドメイン名は後から取得するので、考えすぎなくても大丈夫ですが、ずっと付いてまわるIDなので、適当すぎない方がよいです
  • プランは、X10(スタンダード)を選んでください。上位プランには毎月変えられますが、下位プランへの変更はサーバーの利用期限月のみしかできません。

 

ちなみに、X10プランだと、

  • SQL数が50:WordPressで書いたブログが50個まで持てる
  • 転送量は1日70GB:1記事1MBの場合は、1日7,000人来ちゃうとサーバーダウンする(たぶん)

アクセスが毎日コンスタントに4,000人超えるようになったら、そろそろ上位のプランに変えませんか?というお知らせが来るらしいので、それまで放置。そんなにすぐに人気サイトになったりしないので、安心してX10にしておきましょう。

 

必要事項記入したら、「お申し込み内容の確認」ボタンをクリック(上図)。

記入漏れがあったり、「利用規約」「個人情報の取扱いについて」に同意するのところにチェック入れてないと、先に進ませてくれません。

 

4)確認画面が出て来るので、「お申し込みをする」ボタンをクリック

画像がないので貼れませんが、「お申し込みをする」ボタンを押すだけなので、簡単。

5)終了画面が出てきて、Eメールが送信されてきたら、レンタルサーバーの申込完了!

画像がないので貼れませんが、どこもクリックしなくていいです。

しばらくしたら、エックスサーバーのサポートから、

【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間]

というタイトルのEメールが送られて来ます。

そのEメールに

  • ユーザーアカウント情報
  • サーバーアカウント情報

の両方があるので、確認してください。このEメールはフラグ立てて保存しておきましょう。

 

6)無料お試し期間が終わる前に、料金の支払いする

無料お試し期間(10日間)が終わる前に、エックスサーバーのサポートからEメールが来ます。そのEメールに書いてある通りに支払いすればオーケー。私はとりあえず3ヶ月間契約しました。支払いはとっとと済ませた方が気楽です。

 

ステップ3:ドメイン(サイトのURL)を取得する ブログで稼ぐのならお名前.comがおすすめらしい(私はそうは思わない)

ブログで稼ぐのなら(広告)お名前.com での独自ドメイン取得がオススメらしいです。私もよく考えずに、お名前.comで独自ドメイン取得し、結局 yummy-castella.com というURLになってます。

(広告)エックスサーバーでサーバー借りると、キャンペーン期間中(今回は2017年8月16日(水)~2017年9月29日(金)で実施→取得は2017年10月31日(火)まで)は無料で独自ドメイン取れる

んです。。。無理してお名前.comにしなくてもよかった気がする。。。キャンペーンってだいたい1ヶ月おきくらいにやってるし。。。そちらについてはステップ3’(3ダッシュ)に後述します。

 

(広告)お名前.comでの独自ドメイン取得までの手順を以下に示します。(広告)エックスサーバー
で独自ドメイン取得したい人は、以下2)〜4)飛ばして、ステップ3”にどうぞ。1)は読んでね。

1)まず、ドメイン名をじっくり考える

このドメイン名が、URLの一部になります(このブログで言えば、yummy-castella.com)。そして、変えられません。サイト名(このブログで言えば、「隠居系元石の人生逃げ切りブログ」)は、好きなだけ変えられますが、ドメイン名は変えられないんです。だから、サイト名が変わっても、違和感ないドメイン名がいいですね。

たとえば、カステラをどんなに愛していても、愛は終わるものですから、castella-loves-castella-forever.com とかつけると、後で、ラーメンブログに変えた時の違和感半端ないです。私のブログ、カステラ感満載。。。カステラ大好きなんで、このドメイン名は今の所、気に入ってはいますが、あんまり考えずにつけちゃったんで。。。

それに、このドメイン名は長すぎです。もっと短い方がいい。間にハイフンとかない方がずっといいです。

どんなブログになっても違和感がないのは、ずばり、本名(本名出しできる人)。ニックネームとかもいい感じです。例えば、私がこのブログを書くきっかけになったRYUKEN OFFICIAL BLOGのドメイン名は ryukke.com」です。このくらい短い方がかっこいいです。

それから、(日本語).comもアリですが、意味不明の文字列に変換される上に長くなるので、異様にダサいです。ダサかっこいい路線もアリといえばアリですが、人に説明しにくいし手動で入力しにくいです。

 

2)お名前.comのサイトに行って、自分の考えたドメイン名に空きがあるかどうか検索する

下図に示す(広告)お名前.comのサイトに行って、自分の考えたドメイン名を入力してみます。ここではcastellaと入れてみました。「検索」ボタンをクリックします。

 

なんということでしょう。castell.comもcastella.netも空きがありません(下図)。

でも、せっかくの隠居ブログなのにcastella.workとか嫌すぎる。しかし、.comとかは年間1040円なのに、.workは年間1円と超安い。悩ましい。。。

選ぶものによってブログのアクセス数が変わるってわけじゃなさそうですが、.comとか.net がなんとなくかっこいい気がしたので、空きのあった yummy-castella.comをドメイン名にしちゃったという流れです。私は割とテキトーに決めましたが、皆さんは、もうちょっと考えた方がいいかも。

気に入ったドメイン名に空きがあったら、「お申し込みへ進む」をクリックします。

 

3)料金確認へ進み、「Whois情報公開代行(新規登録と同時なら無料)」にチェック入れて、メルアド(自分の)とパスワード入れる

登録期間は、お好きなように。私はとりあえず、1年契約にしました。

Whois情報公開代行はマストです。絶対チェック入れましょう。新規登録と同時なら無料だし。

Whoisは、インターネット上でのドメイン名・IPアドレス・Autonomous System (AS) 番号の所有者を検索するためのプロトコルで、Whoisにアクセスすれば、誰でもブログ管理者情報を閲覧できてしまいます。

と、いうのも、ドメインのWhois情報については、ICANNにより公開する義務が定められているから。ICANNって民間の非営利団体なので、どのくらい拘束力のあるルールかは知らないけど、公開する方向で世の中進んでるので、うっかり自分のメルアドとか住所とか全世界に向けて発信したくないでしょ?

Whoisの情報公開代行を(広告)お名前.comに依頼することで、ウェブサイトに不具合があった時の連絡先を、(広告)お名前.comが代行してくれます。

あとは、自分のメルアド入れて、パスワード入れればオーケー。パスワードはこの時に設定されます。この時のメルアド&パスワードは、手帳にでも書いて、忘れないようにね。

メルアド&パスワード入れたら「次へ」ボタンをクリック。会員登録画面が出て来ます。

 

4)会員登録に必要事項記入して、支払方法を選んで、お名前.com からEメールが来たら、ドメイン名の申込完了!

会員登録画面が出て来たら、必要事項を記入して「次へ」ボタンをクリック。

支払い方法が出て来たら、希望の支払い方法を選んで、「申込む」ボタンをクリック。さくっとドメイン名使いたい場合は、クレジットカードがおすすめです(直後から使えるから)。コンビニ前払いと銀行振込は、入金確認後まで使えません。

「申込む」ボタンをクリックすると、終了画面が出て来て、(広告)お名前.com
からEメールが送られてます。Eメールのタイトルは以下の通り。

[お名前.com]ドメイン自動更新 設定完了

これで、独自ドメインの申込完了です。このEメールはフラグ立てて保存しておきましょう。

次はサーバーとドメイン名の紐付け。これが面倒臭い。

紐付け方法を示す前に、エックスサーバーで独自ドメイン取得方法をステップ3’として設けました。(広告)エックスサーバーで独自ドメインとると、紐付けステップを大幅に省略できます。

 

ステップ3’: WordPress使うんなら、エックスサーバーで独自ドメイン取得しちゃった方が楽(お名前.com要らない)

お名前.comでドメイン取得して、現在それを使っている私ですが、(広告)お名前.comからドメイン取得すると、(広告)エックスサーバーと紐付けしなくちゃいけないのが面倒臭いです。別会社のサーバーの一領域に名前つけて使わせてもらう形だから仕方ないんだけどさ。

でも、(広告)エックスサーバーで作ったドメインは、サーバーとドメイン名を紐付けしなくていいので、すごく楽。キャンペーン中は、独自ドメインも無料だし、絶対エックスサーバーがいいと思います。エックスサーバーのキャンペーンは、しょっちゅうやってるので、急ぎでなければ、次のキャンペーンまで待ってもいいくらい。

手順については、以下のエックスサーバー公式Webページに詳しく記載されています。https://www.xserver.ne.jp/manual/man_order_campaign_domain.php#man_campaign-flow

 

 

簡単に説明すると以下の通り。公式ページの方がわかりやすいと思うけど。

1)インフォパネルにログイン

「2. レンタルサーバーの契約をする WordPress使うならエックスサーバーが良いらしい」でエックスサーバーをレンタルした時に、インフォパネルのログイン用のURL(https://www.xserver.ne.jp/login_info.php)が送られてくるので、そこをクリックして、インフォパネルにログインしてください。

2)「キャンペーンドメイン」をクリック

 

3)独自ドメインのところに、ドメイン名入力して「ドメイン取得」をクリック

ステップ3の1)にも書いたように、ここでのドメイン名は本気で考えてください。以下の図は、スクショではなくて、エックスサーバーの公式の手順説明の図を貼りました(プライバシーダダ漏れになるため)。

出典;https://www.xserver.ne.jp/manual/man_order_campaign_domain.php#man_campaign-flow

 

4)確認・キャンペーンドメイン申請

最後に「キャンペーンドメイン申請」ボタンが現れるので、それをクリック。これでキャンペーンドメイン取得終わり。簡単でしょ?

エックスサーバーから独自ドメイン取得した場合は、ステップ4の1)はそっくりそのまま省略できます。ステップ4の2)へそのままGO!

 

 

ステップ4:WordPressインストールする前に、サーバーとドメイン名を紐付け

これが面倒臭い。途中で30回くらい、もうやめようかと思った。隠居してるのに、なんで頑張ってるんだろう、私。。。とか思っちゃったよ。(広告)エックスサーバー で、独自ドメイン設定したら、紐付けは超簡単だったので、正直、エックスサーバーでドメイン取った方が良いと思います。エックスサーバーで独自ドメイン設定した場合は、ステップ4の1)はすっ飛ばして、ステップ4の2)に行ってください。

1)お名前.com側の管理画面で、ネームサーバーの変更をする

まず、(広告)お名前.com のフロントページに行って、ドメインNaviログインをクリック。

 

 

下の画面が出て来たら、お名前ID(会員ID)と、パスワードを記入。

ちなみに、お名前ID(会員ID)はドメイン名じゃなくて、ステップ3の4)で、Eメールされてきた、[お名前.com]ドメイン自動更新 設定完了の本文中にお名前ID(会員ID)として記載されている8桁の数字ね。私は間違えて、ドメイン名を入力して、入れなくて焦った。

パスワードは、ステップ3の3)で、メルアドと一緒に入力したパスワード(この時のメルアド&パスワードは、手帳にでも書いて、忘れないようにね。って書いたところのパスワード)です。

 

 

お名前ID(会員ID)とパスワード入れると管理画面(下図)が現れます。

 

 

下の図のように、タブの一番左側をクリック(私は既にドメインの紐付け済みなので、ドメイン一覧という名前のタブになっていますが、紐付け前だとNaviTopという名前のタブになってるはず)。

 

この画面の下の方に、こういうの(下図)があるので、ネームサーバーの下の「変更する」をクリック。

 

 

そうすると、下の画面になります。

上図の「登録情報は正しいので、手続きを進める」ボタンをクリックすると、下図の画面(プライバシーダダ漏れになるため、一部だけ切り出し)が出て来ます。

 

「他のネームサーバーを利用」にチェックを入れると、下のようなネームサーバーを記入するための画面が出て来ます。

で、ここにネームサーバー情報を5つ全部入力。

ネームサーバーは、ステップ2の5)でエックスサーバーから届いた「【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間]」本文中の「ネームサーバー」以下に記載されています。

こんな感じで5つ並んでるからすぐわかります。

  • 英英数.xserver.com(数数数数数数)
  • 英英数.xserver.com(数数数数数数)
  • 英英数.xserver.com(数数数数数数)
  • 英英数.xserver.com(数数数数数数)
  • 英英数.xserver.com(数数数数数数)

 

上から順番に全部入力してください。5つ全部よ、全部。英英数.xserver.com(数数数数数数)になってますが、(数数数数数数)は入力しちゃダメ

5つ全部入力したら、「確認画面へ進む」ボタンをクリック。

確認画面で確認したら「設定する」ボタンをクリック。

これで、お名前.com側のネームサーバーの設定完了。パソコン画面で「ネームサーバーの変更完了」の文字が確認できるはずです。

 

2)エックスサーバー側に独自ドメインを設定する

まず、エックスサーバーのサーバーパネルhttps://www.xserver.ne.jp/login_server.php に行きます(下図)。ここに、ステップ2の5)で届いたEメール(【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間])の本文中にある、サーバーIDとサーバーパスワードを入力してログインしてください。間違えて、インフォパネルのIDやパスワードを入力すると、中にはいれません。

 

 

中に入ったら、下の画面が出て来ます。「ドメイン設定」をクリック。

 

 

「ドメイン設定」をクリックすると、下の画面が出て来ます。「ドメイン設定の追加」タブをクリック。

 

 

「ドメイン設定の追加」をクリックすると下の画面が出て来ます。ステップ3またはステップ3’で入手したドメイン名を入力。ドメイン名は、例えば、yummy-castella.comとかです。入力できたら「ドメイン設定の追加(確認)」ボタンをクリック。

確認画面が出たら、「ドメイン設定の追加(確認)」をクリック(やり直したければ「戻る」ボタン)。

最終画面がでたら、設定完了です。

WordPressのインストールするから、まだ、サーバーパネルからログアウトしないでね(してもそれほど困らないけどね)。

 

ステップ5:やっとWordPressのインストールだよ、疲れたよ

1) エックスサーバーのサーバーパネルに入る。

サーバーパネルのホーム画面行きます。うっかりサーバーパネルからログアウトしちゃった人は、ログインしてね。ログアウトしてない人は、「ServerPanel」のところをクリックすると、ホーム画面に行けます。ログアウトしちゃった人は、ログインし直すとホーム画面に行きます。

 

 

下図がホーム画面(一部、プライバシー保護のため切り出し)。ホーム画面の下の方に、「ホームページ」というカテゴリーがあるので、そこの「自動インストール」をクリック。

 

 

下のような画面が出てくるので、ドメインリストの中から、WordPressをインストールしたいドメイン名を選びます(私なら、yummy-castella.com)。

 

下の画面が出たら、「プログラムのインストール」をクリックします。

 

 

下の画面が出たら、WordPressのところにある「インストール設定」ボタンをクリック。

2)必要事項の記入

インストール設定を押したら、必要事項を入力する画面が出て来ます。下の図は画面の一部。

必要事項を入力していきます。

  • スクリプト:そのまま(変更不可)
  • バージョン:そのまま(変更不可)
  • インストールURL:そのまま(よほどのことがない限り、いじらない方がいい!)
  • ブログ名:好きにつけていい(後でいくらでも変更できる)
  • ユーザ名:好きにつけていいですが、必ずメモ取っておく、後から変更できません
  • パスワード:好きに設定していいですが、必ずメモ取っておく
  • メールアドレス:自分のメルアド
  • データベース:「自動でデータベースを生成する」を選ぶ

必要事項が全部入力できたら、「インストール(確認)」ボタンをクリック。

 

3)確認したら、早速WordPress内に入ってみよう!

確認画面が出て来たら、「インストール(確定)」ボタンをクリック。

インストールが正常に終了すると、以下の画面が出て来ます。赤文字で※以下の情報はWordPressの管理画面へのログインや編集に必要な情報です。必ずメモなどにお控えください。って書いてるところの下にWordPressへのログインのURLが表示されるので(私のプライバシー保護のために、肝心のところをスクショから外してあります)、早速リンクをクリック&ブックマークに控えましょう。ここが、WordPress への入り口になります。

 

WordPress への入り口はココ。ちゃんと入れた? ちゃんとブックマークした? ブックマークしたら、ステップ5の2)の時に自分で決めたユーザ名とパスワードで中に入ってみよう!

 

下のような画面が出て来たら、おめでとう!です。

 

ステップ6:WordPressでブログ書いたりカスタマイズしたりする前に最低限のセキュリティ対策はしておこう!

本気でアナタのWordPressに入り込もうとする人がいれば、ひとたまりもないですが、アナタがものすごい有名人とか、国家組織とかでなければ、そこまでして入り込みたい人はいません、たぶん。

でも、お出かけ前に鍵をかける程度のセキュリティ意識は持ちたいものです。

1)初心者でもなんとかなるWordPressのセキュリティソフト(プラグイン)

セキュリティ対策は、本気で行うと、すごく難しいらしいので、ここでは、私程度の初心者がなんとかできるセキュリティ対策ソフトを2つ紹介します。

  • Akismet Anti-Spam
  • SiteGuard WP Plugin

本当は、もっと対策した方がいいんでしょうけど、正直、私はこれでもいっぱいいっぱいでした。特に、SiteGuard WP Pluginは今でも意味がわかりません。

なお、WordPressの上で動くアプリ的なもの(?)を全てプラグインと呼びます(たぶん、電気機器のコンセントみたいに、プラグ入れたり外したりできるからだと思う、よくわかんないけど)。

Akismet Anti-Spam も SiteGuard WP Pluginもプラグインですが、Akismet は、WordPressをインストールしたらはじめっから付いてくるプラグイン、SiteGuard WP Plugin インストールが必要なプラグインです。

2)Akismetの設定

AkismetはWordPressと同時にインストールされています。

ダッシュボードには、下の図のようなものが見えると思います。まず、プラグインをクリッックします。

 

プリインストールされたプラグインリストがいくつか表示されるので、「Akismet Anti-Spam (アンチスパム)」を探して、「有効化」をクリックします。もし必要なら、このときに「更新」もしてしまいます。

 

以下の画面が出たら「設定」をクリックします。

 

以下の画面が出たら「APIキーを取得」ボタンをクリックします。

 

以下の画面が出たら、「GET AN AKISMET API KEY」をクリックします。

 

以下の画面が出たらWordPressにログインするときに使ったEmailアドレス、user name、passwordを入力し、「Sign UP」ボタンをクリックします。

 

以下の画面がでたら、一番左側(無料)の「Get Basic」ボタンをクリック。もちろん、お財布にゆとりがあれば、有料のものでもOK。

なんということでしょう。無料のところを押したのに、有料!?  深呼吸して、右側のニコニコマークのところのカーソルを一番左にぐいっと動かします(下図)。

ニコニコマークが心なししょんぼりマークになりますが、これでいい(もちろん、有料のまま、支払い手続きしてもいいですが、人気サイトってわけでもないしBasicで十分かなと)。CONTACT INFO のところに姓名を入れます。名前が先、苗字が後です。姓名の入力が終わったら、「CONTINUE」ボタンをクリック。

さて、Eメールが届いてますよね?

  • Eメール本文の「Activate Account」 という文字をクリックすると
  • ウェブサイト上の「It looks like you’re adding a site!」という文字のあるところに飛ばされるので
  • 飛んで行った先の「Activate This Site」をクリックします
  • そうすると、なぜか、自分のWordPressのダッシュボード画面(下図)に戻るはず

ここら辺、一瞬で動くので、私にもわけがわからなかった。スクショも撮れなかった。

上図の下方にある「変更を保存」ボタンをクリックしたら、設定終わりです。おつかれさまでーす。

 

3)SiteGuard WP Pluginの設定

SiteGuard WP Pluginは、プラグインを探すところから始まります。私の脳みそではどうしようもなかったので(どういうプラグインがあるのかすら、わからなかった)、「りゅうけんの『人生逃げ切りサロン』」で、セキュリティどうしたらいいか尋ね、SiteGuard WP Pluginの存在と、その設定の仕方を教えてもらいました。自分でググれば、いつかはセキュリティ設定もできたと思うのですが、初心者だからこそ、こんなんで時間取られたくないし。

で、いただいた回答は、ここを見るべし;今年も猛威をふるうWordPress攻撃。初心者ならまずプラグインでセキュリティ対策『SiteGuard WP Plugin』。何にも考えず、そっくりそのまま、ここに書いてある通りに手を動かしたら、私にもできました。

 

ステップ6:とりあえずWordPress使って、最初の5記事書いちゃえ!

WordPressはサイドバーの「外観」というところをいじると、おされにカスタマイズできます。また、どのブログでもそうなのですが、Search Console などを使って、Google様にブログの存在を教えると、ブログに人を集めやすくなります。さらにアフィリエイトこうコックなどを貼れば、収入を得ることも(そのうち)できます。さらにさらに、Google Analysis を入れれば、自分のブログに何人の人がやって来たかとか知ることもできます。

素敵でしょ?

でもね、5記事目書いている今、それよりなにより、いいからさっさと5記事書け! と3週間前の自分に言いたい。

私、Search Console もGoogle Analysis も設定して,、プラグインもたくさん入れて、SSL化してから、最初の1記事書いたのね。しかも有料のおされテーマ「ストーク」も購入したの。さらに、アフィリエイト広告とも契約したりしちゃったの。すごくない?

でも、そういうの、5記事書いた後でよかったなー。と、今思ってるところ。

とにかく、最初の5記事書くことが、初心者には一番大事。なぜかっていうと、設定とか申請とか契約って、本当に疲れるから、記事書く気力を奪ってしまうのよ。いっぱい書きたいことがあるのに、あーあ、今日も書けなかったってなっちゃうの。

外観って、いくらでも凝れるんです。でも、記事がないうちに外観に凝っても、全体像がわからないの。だから、後から、どーせ変えたくなるの。

それにSearch Console 使うと、検索に早く反映されるようになるだろうし、確かに人は集まりやすくなるんでしょうが、最初は検索も安定しないし、来てくれるのは知り合いの1人とか2人とかなんで、あんまり意味ない。さらに、記事(コンテンツ)がなければ、せっかく来てくれた奇特な人もいなくなります。

ってことで、最初は、とにかく5記事書きましょう! 私もまだ5記事目だけどさ。

 

ステップ7:WordPress使って5記事書きながら、ブログタイトルを決める

最初につけたブログ名と書きたいことが一致しなかったり、今ひとつだったりしていても、5記事目を書き終える頃にはきっと、しっくりくるブログ名が決まることでしょう。

それに、ブログタイトルは大事だけど、初期のころはちょこちょこ変えるのもアリ。私も今は「隠居系元医師の人生逃げ切りブログ」というブログタイトルにしてるけど、アテクシの女王様キャラと合わない気がしてきているので、「隠居系女王様の超ありがたいブログ」とかにしてしまうかも。

 

ステップ8:WordPressで5記事書く前はしなくて良いことリスト

  1. パーマリンク設定は早目がいいけど、6記事目になってからでいい
  2. サイトタイトル(ブログ名とかキャッチフレーズとか)も早目がいいけど、6記事目になってからでいい
  3. プラグインはセキュリティ対策以外は考えない
  4. SSL化はまだしなくていい
  5. Search Consoleの設定もまだしない
  6. Google Analysis なにそれ美味しいの?でいい(むしろ見るな!)
  7. SEOなにそれ美味しいの?でいい
  8. 外観・デザイン気にしない
  9. twitterもfacebookも気にしない
  10. サイトマップも気にしない

 

まとめ

ステップ5までで、WordPressのインストールは終わるので、「こうかな?」「こうかな?」って感じで、簡単な記事をとりあえず5つ書いてみてください。色々設定するのはその後で十分。

超初心者は、設定とか申込とかだけで、消耗してしまうので、技術的なことは最小限にして、まずは書いてしまうのがいいと思います。。。って、3週間前の自分に教えたい。

それから、設定とか、設定とか、設定とかが、あまりにも辛かったら、はてなブログやbloggerでもGoogle Adsense の広告は貼れるので、そっちに変えてもいいかも。

私は、「ぜってーWordPressデビューしてやる!」と、半ば意地になってたので、WordPressでブログ書き始めちゃったんですけど、よく考えてみれば、はてなブログでもbloggerでも、稼げてる人は稼げてるんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください