WordPressブロガーが皆エックスサーバー推しの理由を考える

Castella(カステラ女王様 @Rainha_Castella)です。ちょっと前までWordPressって何?だったブログ初心者です。最終的にブログでウハウハに稼ぐことを目指しています。

さて、初心者ブロガーWordPressデビューまでの最短8ステップという記事を書いて、早一週間。ブログ書き始めて早四週間。ウハウハ稼ぐブロガーは、1日1記事書くものらしいよ? じゃ、今は28記事あるはずだね。あれ? 自己紹介まで入れて、全記事まだ7記事しかないよ? ま、いいか。

1. エックスサーバーってみんな知ってるよね?

ブログを始めようとしている人なら、エックスサーバーというレンタルサーバーの存在は一度くらい聞いたことがあるでしょう。もう、ホント、猫も杓子もエックスサーバー推し。

で、初心者は、私自身も含め「何故、エックスサーバーなのか、さっぱりわからないけど、ブログで稼いでるっぽい人はみんなそう言ってるし、やっぱエックスサーバーかな。。。」くらいの感じ、ですよね?

 

1) みんな貼ってる! エックスサーバーアフィリエイト

サーバーやらドメインやらWordPressのインストールやら、これもネタにしてやるぅうううと、初心者ブロガーWordPressデビューまでの最短8ステップ という記事を書き、その記事に、アフィリエイトとか一生懸命貼っていて、気づきました。エックスサーバー推すのは、「ブログで稼いでるっぽい人=このアフィリも稼げるんじゃね?」

気づくの遅いよ!

ああ、みんながこうやって、アフィリエイト貼ってるから、結局、猫も杓子もエックスサーバーになってしまうのね。私も貼るくらいだし。

ブログで稼ごうと思っている方ならご存知と思いますが、アフィリエイトは広告の一つ。民放のテレビ番組がコマーシャルを主な収入源にしているように、ブログやウェブサイトの多くはアフィリエイト広告やアドセンス広告などを主な収入源にしています。

例えば、この記事のようにエックスサーバーのアフィリエイト広告を貼り、読者がエックスサーバーと契約すると、記事の書き手(私)は紹介料を稼げるのです。

今の所、エックスサーバーには不満はないので、私も貼っとく。
<広告>

2) エックスサーバーの他のレンタルサーバー? あるんですよ! いっぱい

私もほんの昨日まで知らなかったんですけど、ググるとたくさんのレンタルサーバー屋さんがあります。

どうやらレンタルサーバー屋さんって、100社以上あるらしいです。参考サイトはコチラ: 100社レンタルサーバー比較 私は、全く調べず、みんなが勧めてるからって理由で、エックスサーバーにしてしまいましたが、皆さんはもうちょっと調べてからの方がいいかもしれません。

ちなみに、私、ものすごーーーーーく昔に、ブログじゃなくて、ホームページ作ったことがあって(←なんか作るの好きな人)、その時に使ったのはさくらサーバー。当時、対抗馬(?)はロリポップ!で、その頃は、エックスサーバーは影も形もなかった気がする。

そういうわけで、私が知ってる(知ってた)という理由だけで、さくらサーバー、ロリポップ!レンタルサーバー、そしてエックスサーバーの3社を比較してみます。

 

2. さくらサーバー、ロリポップサーバー、エックスサーバー三社比較

1) 最安値での比較

とりあえず、それぞれの会社の最安値のプランで比較しました。しかし、最低限での比較は全く意味ないw がわかりましたので、この表は飛ばして、次行こう、次。せっかく書いたから貼るけど。

表1;最安値最低限スペックでの比較表(作ったから貼るけど、全然意味ないので飛ばしてください

公式サイトへのリンク さくらサーバー ロリポップサーバー エックスサーバー
最安値のプランの名前 ライト エコノミー X10
無料お試し期間 14日間 10日間 10日間
初期費用(税込) 1,029円 1,500円 3,240円
使用料金(年額一括) 1,543円 1,200円 12,960円
容量 10GB 10GB 200GB
持てるドメインの数 20個 20個 無制限
独自ドメイン価格/年
(税込/年 .comの場合)
1,852円 1,040円 1,500円
無料キャンペーンあり
MySQL 1個 1個 50個
転送量/日 40GB 40GB 70GB
WordPress(WP)のインストールのしやすさ 不可 不可 自動(簡単)
サポート 電話サポート メール&チャット
サポート
電話&メール
サポート
自動バックアップ なし
サーバの障害に具えるものであって、自分で間違えて消去したデータなどは復旧できない
300円/月 あり(無料)

2) お手頃プランでの比較

さくらサーバーとロリポップサーバーの「お手頃プランのスタンダードプラン」と」1つ上のプラン」を示しました。エックスサーバーは表1と同じです。()内に示したものが、さくらサーバーやロリポップの「1つ上」のプランです。

表2:アテクシが選んだお手頃プラン比較表 ()内は1つ上のプラン

公式サイトへのリンク さくらサーバー ロリポップサーバー エックスサーバー
最安値のプランの名前 スタンダード
(プレミアム)
スタンダード
(エンタープライズ)
X10
無料お試し期間 14 日間 10 日間 10 日間
初期費用(税込) 1,029 円 1,500 円 3,240 円
使用料金(年額一括) 5,142 円
(15,428円)
6,000 円
(24,000 円)
12,960 円
容量 100 GB
(200 GB)
120 GB
(400 GB)
200 GB
持てるドメインの数 20 個
(30 個)
100 個
(無制限)
無制限
独自ドメイン購入価格(税込/年 .comの場合) 1,852 円 1,040 円 1,500 円
無料キャンペーンあり
MySQL 20 個
(50 個)
30 個
(100 個)
50 個
転送量/日 80 GB
(120 GB)
100 GB
(無制限)
70 GB
WordPress(WP)のインストールのしやすさ 自動ではないが簡単 自動(簡単) 自動(超簡単)
サポート 電話サポート メール&チャット
サポート
電話&メール
サポート
自動バックアップ なし
サーバの障害に具えるものであって、自分で間違えて消去したデータなどは復旧できない
300円/月 あり(無料)

3. スペックの何のどこを見ればいいんですか?

ですよね。。。わかんないですよね。。。ちなみにお魚は目を見て買ってます。カナダの魚屋さんで買った魚を刺身にする、チャレンジャーな私です。だってサーモンの刺身に飽きた!

私も、いくらなんでも、最初、三社間の比較くらいはしたんですよ。でも、何のどこを見ればいいのかわかんなかったんです。わかんなかったので、テキトーに選んでしまった。。。今なら、どこをみるか(ちょっとは)分かる!

1) 初心者向は、自動バックアップ、自動インストール、サポートの3つを見よ!

特に、自動バックアップ機能初心者には不可欠。

以下の2つは、初心者のうちは、あった方が少し楽、くらいかな、確定には使いませんでした。

  • WordPressのインストールができるかどうか(しやすい方が、もちろんいい)
  • 電話やメールでのサポート

WordPressのインストールは自動だろうが手動だろうが、ググればどうにでもなるし、そんなに難しくありません。サポートもググればどうにかできます。詳しいお友達が側にいれば、ググる必要もないかも。

やはり、最も問題になるのは自動バックアップ機能。自動バックアップ機能は正義!

ブログ書き始めて四週間の私でも、ブログというのはテーマ(見た目)をカスタマイズしたくなるものなのです。で、初心者のくせに調子に乗って、カスタマイズしまって、どうにもこうにもならなくなります。例えば、ついさっきまで調子良くカスタマイズしてて、「私って天才」とか思ってたら、WordPressが、突然動かなくなる。。。なんてことは、たった四週間の間にも3回! ありました。もう、泣きそう。

で、そんな時でも、エックスサーバーだと、まるでタイムマシーンのように、前の状態に戻すことができる(それでもちょっと大変だけどw)のですよ。同じことは、ロリポップでも300円/月で行うことができます(たぶん)。ってことで、自動バックアップ機能がデフォルトで入ってないさくらサーバーは、初心者のくせにカスタマイズしたくなる私のようなチャレンジャーには向かないでしょう。けっこう好きだったんだけどな、さくらサーバー。

WordPressのプラグインには、バックアップ機能を持つものもあるので、さくらサーバー使いでも、プラグイン利用してバックアップすればいいのですが、初心者がプラグインの設定するのは、本当に大変! だから、初心者にとって、自動バックアップ機能だけは、不可欠なのです。

 

2) 動画をたくさん貼りたい人、複数のブログを運営したい人は容量をチェック

動画をたくさん貼り付けたい場合、または1つのサーバーで複数のブログをまわしたい場合は容量にこだわる必要があります。初心者は1ブログにつき50GBくらいあれば、大丈夫そう。エックスサーバーが200GB、さくらが100GB、ロリポップが120GBです。

私は初心者のくせにw WordPressのブログを2つ持っています。ってことは、2つWordPressをインストールしなくちゃいけないということ。さらに複雑なプラグインとかテーマとか入れると、その分、容量を取ってしまいます。

今の所、清らかブログ(記事数3つ、動画なし)と隠居系ブログ(記事数7つ、動画なし)を合わせたディスク利用量は、200MG。

ちなみに、私が今まで書いた記事で、最も容量が大きいのは、画像43枚貼った、初心者ブロガーWordPressデビューまでの最短8ステップ で、約3.8MB。他の記事は、平均すると1MB前後です。動画ブログにする予定はないので、まだまだ行けそうですが、複数ドメインにして、たくさんWordPressをインストールするような場合は、要注意です。

 

3) 人気ブログになったり、炎上しちゃいそうな場合は、転送量が重要

初心者で、ぜんぜん人が来ないブログでも5GB/日くらいは欲しいところ。アナタのブログが人気ブログになったり、炎上したりすれば、100GB/日あってもサーバーが落ちるかもしれません。ちなみに各社の転送量は、上の表にもありますが、

  • エックスサーバー:70GB
  • さくらサーバーのスタンダード:80GB
  • ロリポップのスタンダード:100GB

です。エックスサーバー以外のさくらもロリポップも健闘してます。

計算方法ですが、私のブログは、平均1MBなので、1日に70,000人がブログを見にくると、

1MBx70,000=70,000 MB =70 GB

70GB に到達し、私のエックスサーバーはダウンしてしまうってことです(よく仕組みがわからないので、テキトーですが、そんなに違ってないはず)。

今んとこ、2つ合わせて毎日30 PVなので、今の私に必要なのは30 MB=0.03 KB。でも、割とすぐに1000PVになる気がするので(ハウステンボスブログですら、毎日500 PV、花火前だと3000 PVは楽に超える)、このブログも5KBだと全然足りなくなる日は、あっという間に来る予定。

1日70,000 PVになるのは、(あったとしても)すっごい先になりそうですが、すぐに人気ブログが経営できそうな人や、画像や動画をたくさん貼りたい人は注意した方が良さそうですね。

4) スペックの項目について

スペックの項目ごとに、簡単な説明つけてみます。上と重複するものもあります。

無料お試し期間

だいたい1週間で使用感はわかるので、10日あれば十分。確定要因になりません。

初期費用

安いに越したことはないけど、1回ぽっきりしか発生しない費用なので、確定要因になりません。

使用料金

安いに越したことないけど、プラン内容で選ぶべき。年間一括なら、どのプランでもそこそこお得。ロリポップのエンタープライズ(紹介した中で最高値)でも24,000円。

容量

初心者でも50GBは欲しい。

持てるドメインの数

初心者なら5個、普通の人は10 個持てれば十分。ちなみに、私は2個(エックスサーバー)+3個(Blogger)持ってますw

ちなみに、「持てるドメインの数 ≒ 持てるブログやサイトの数 」です。

独自ドメイン購入価格

独自ドメインは不可欠ですが、購入価格なんて大差ないです。

初心者は、価格の安さより、紐付けのしやすさで選ぶべき! つまり、サーバーと同じ会社から独自ドメイン購入してしまうのが楽! (注:ロリポップならムームー)

その他、注意事項は以下の通り

  • 独自ドメインは必須! これがないと、アドセンス申請できないと思いたまえ 独自ドメインは正義
  • .comとか.net とか .co.jp とかで値段が違うことが多い。でも、年額だから、そこはケチらなくてもいい
  • お名前.comという会社で独自ドメインだけとることもできる(大抵の場合、最安値)。確かに安いけど、紐付けの手間考えたら、サーバーに合わせた方が楽

私は、オンライン上でみんながアフィリエイト貼ってる、お名前.com で独自ドメインを購入しました。

確かに、最安値で買えたことは買えたんですが、年間500円節約するために、紐付けの苦労するくらいなら、エックスサーバーで独自ドメイン取っちゃえばよかった。

しかも、エックスサーバーは、独自ドメインのキャンペーン中だったので、独自ドメイン代無料。今後もずっと無料。悔しすぎるので、エックスサーバーからも独自ドメインもらってしまいました。(だから、初心者なのに、WordPressのブログが2つあるのです)。

MySQL

初心者でも(絶対一つしかブログ書かない場合を除き)5個は欲しい。

MySQLはサーバー上に持てるデータベースの数(?)です。雑に言うと、MySQLが50個持てれれば、50個のドメインと紐付けして、50個の別のブログやサイトが運営できるってことです(実際には容量や転送量も関係してきます)。

転送量/日

初心者でも5GBは欲しい

私のBloggerで作ってるハウステンボスのブログ、普段は500PVとかですが、花火前になるといきなり3,000 PV 超えます。私のハウステンボス記事、ページによっては 4 MB あり、5 MB は初心者でもすぐに到達してしまいます。

WordPress(WP)のインストールのしやすさ

自動か手動かはあるけど、ググればどうにでもなるし、コレはそこまで重要じゃないです。各社の説明もわかりやすいし、サポートは三社ともしっかりしているので、最悪、泣きつけばよいです。

サポート

初心者には不可欠。でも、まあ、ググれば結構大丈夫。

自動バックアップ

初心者には不可欠。さくらサーバーにしちゃった場合には、WordPressインストールと同時にバックアッププラグインが必要。

ja.wordpress.org によれば、バックアップ用のプラグインは全部で3,000種類以上あり、その使い方も様々。私は全然わかりませんが、たぶん、1)この中から星の多いもので、2)ダウンロードした人が多く、3)ちゃんと更新されているものの中から、良さげなものを選べばいいんじゃない?

って、ことで、Castella基準によるおすすめ(要確認)さくらサーバー用バックアップ用プラグインを以下に3つ示します。私も超初心者な上、さくらサーバー使ってたのは10年くらい前なんで、あんまり当てにしないで、参考程度に眺める程度でヨロシク。

BackWPup-WordPress Backup Plugin:無料なのが大変うれしいです。まだ使いこなしていませんが。さくらサーバーじゃないけど(エックスサーバーだけど)、私も入れてます。

  1. WordPressのサーバーデータ&データベースデータをまとめてバックアップできるようです。
  2. 私には意味不明ですが、バックアップ先??も、Dropboxとか、FTP/SFTPとか色々選べる? らしい
  3. 自動バックアップのスケジュール設定(←重要)も当然、かなり細かくできます。

 

UpdraftPlus WordPress Backup Plugin:これも無料。上のBackWPup-WordPress Backup Pluginとどっちにするか悩みました。こちらの方が星の数が多かったし、インストールもたくさんされているので、これでもいいかなーと思ったのですが、機能がBackWPup-WordPress Backup Plugin の方が、ほんのり多いような気がしたので、こちらはインストールしませんでした。でも、たぶん、ほとんど同じものです。

WP-DBManager:無料だけど、BackWPup-WordPress Backup Plugin が入って入れば入れる必要はない(と、思う)。データベースだけをバックアップしたいんならこれなんじゃないかな。自動バックアップで、一旦設定したら、あとは勝手にバックアップしてくれます。

4. エックスサーバーでファイナルアンサー?

1) エックスサーバー:ファイナルアンサーだね、初心者には

こんだけ引っ張っておきながら、私のファイナルアンサーは、「やっぱエックスサーバーでいいんじゃない?」です。特に初心者には。

なんというか、色々ちょうどいいんです。あと、万一、人気ブログw になった時に、上位プランへの引越しがらくなのも魅力。そういうわけで、もう一回広告ぺたり。

<広告>

2) さくらサーバー:使いやすく初心者向けなのに。。。自動バックアップさえあれば。。。

さくらサーバーはバックアップ機能がないのが、本当に残念。初心者にプラグインのハードルはあまりにも高い。しかも、初心者だって、カスタマイズをしたい! (中身より時間をかけてしまうこともけっこうある)。そして、初心者がカスタマイズすると、ぐちゃぐちゃになって、後戻りが大変なんだよっ!

昔使った感じだと、本当に初心者向けなのは、「自動バックアップがないこと以外は」さくらサーバーなんですよ。正直、エックスサーバーの管理画面みたときは、頭くらくらしたもん。全然初心者向きじゃないんだもん。

さくらサーバー、「自動バックアップつけてください」の願いを込めて、アフィリエイト貼っとく。

<広告>

3) ロリポップ:どうして、真ん中くらいのプランがないの?

ロリポップのスタンダードとエンタープライズの中間くらいのプランがあったら、もうちょっと悩んだかも。将来、人気ブロガーになることがあったら、ロリポップのエンタープライズはけっこう真剣に検討しちゃうかもしれません、転送量無制限は魅力です。

ってことで、ロリポップのアフィリエイトもぺたり。

<広告>

 

まとめ

私自身は、なにもわからないまま、みんなが言うから。。。くらいの理由で、エックスサーバーにしてしまいました。が、まあ、これで良かったと思っています。

なぜかというと、エックスサーバーはお手頃なプランがお手頃な価格で手に入るから。これに尽きると思います。コスパ最強。ハウステンボスのホテルで言えば、ホテルアムステルダム!

「猫も杓子もエックスサーバー推しすぎ」とも、此の期に及んで、まだ思うんだけどね。

ただ、やはり、エックスサーバーは、(昔使っていた)さくらサーバーほどではないけど、使いやすいし、今回はまだ理解していなかったのでこの記事には書けなかったSSL化(どうやら大事らしい)も無料でしてくれるなど、友人に(アフィリエイト抜きで)勧められるクオリティです。

ちなみに、アフィリエイト的には、エックスサーバーは、もちろん良い額です。でも、ロリポップやさくらも、それなりに良い額。エックスサーバーだけが、ずば抜けて高額とか、そういう訳ではないです。強いて差をいうと、さくらやロリポップがプランや申し込み月数によって報酬が異なるのに対し、エックスサーバーは一律ってところくらい。

だから、エックスサーバーだけ、報酬額が極端にいいから、みんながエックスサーバーを推すってわけじゃなくて、やはり、それなりに他人に勧められる品質だからエックスサーバーを推すということになると考察いたします。私も、よくわかんないまま、エックスサーバー申し込んでしまったけど、やはり、友人に聞かれたら、「エックスサーバーでいいんじゃない?」って言うと思います。

私としては、エックスサーバー一人勝ちになるより、さくらサーバーやロリポップやその他100以上あるレンタルサーバー会社に全部頑張ってもらいたいんですけどね(そっちの方が品質上がるから、サーバーは、値段より品質だと思う!)。

そんな訳で、最後は、エックスサーバーと、さくらサーバーと、ロリポップサーバーをまとめてアフィリエイトできちゃうA8.net の広告をぺたり。A8.netに申し込みすれば、アフィリエイト報酬がいくらなのか、きちんと見られますw 知りたくない? 知りたいよね?

<広告>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください