お金をかけずに医師になるには?(4)【バイト論】

どうも、Castella (カステラ女王様 @Rainha_Castella )です。普段は医師免許持ってることも忘れて、Twitter とYouTubeにまみれた、優雅で怠惰な隠居生活を送っています。

今日は、貧乏家庭から医学部に行くためのバイト論です。自力で大学費用を稼がなくちゃいけない貧乏人にとって、賢く稼ぐ知恵と工夫は不可欠だから。

バイトは、体力を消耗せず、知識や技術で付加価値をつけられるもの&知識や技術が身につくもの、発信するものを中心に

この基本方針は、今も昔も変わりません。

普通の公立高校から、医学部医学科に行こうと思ったら、それなりに勉強しなくちゃいけないわけです。バイトごときで体力を消耗してる暇なぞない!

医学部医学科に入学してからも、それなりに勉強しなくちゃいけないわけです。バイトごときで時間を浪費する暇なぞない! あとね、こっそり教えときますが、大学の教授や助教授や講師って偉いからね? 医局員になったら、怖くてタメ口聞けないからね? でも、学生のうちなら、かなりおバカな質問も、ギリギリのタメ口も許されます。こんなに便利な制度、なんで利用しないんだろ。ま、いいか。

私、けっこう色々やってます。

ビジネスモデルが昭和という難はありますが、今だったらこうするってことも含めて、貧乏人の皆様を応援しちゃいます。医師になったからといって、お金持ちになれる訳ではありませんが、貧乏からは抜け出せます。

高校時代のバイト(お金作り)

高校時代のバイトに際して、新聞配達やら、飲食店で時給800円やら、いかがわしい系以外に思いつかない人が多過ぎます。高校生のうちは、どんなに知能が高かろうとも、大人の(悪)知恵には敵わないと思っていた方がいいです。たまに、軽々とビジネス始めちゃう高校生もいるけど、そういう人は、こんなところで、こんなブログ読んでないわけで。

新聞配達は、その構造上、30年まえから既に割りにあわないバイトでした。勉強しなくちゃいけない高校生に飲食店でのバイトは拘束時間が長すぎる。いかがわしい系で生き残るなんてよほどの知恵がないと無理。

つまり、普通の高校生は、油断すると、悪い大人に搾取されます

ですから、職場は選びましょう。悪い大人がゼロの職場なんてありませんが、少ない職場はあります。普通の高校生は悪い大人が可能な限りいない〜少ない、かつ、親や学校に隠さずに済む〜バレても退学にならないバイトを選ぶのが賢いです。

悪い大人少ない系バイト

お祝い系のバイトは悪い大人少ないです。

神社の助勤(巫女さんが相当しますが、男性もできます!)

時給は高くない(1日働いて1万円くらい)のですが、職場内に悪い人があまりいないので、安心してお仕事できます。冬休み(お正月期間)だけでなく、年間を通して、土日も需要があるので安定収入に繋がります。ただ、神社にもよりますが、冬の寒さが辛いかも。あと、意外に重たいもの持ちます。

門松作成&販売

田舎に住んでいる人なら、裏山に松やら竹やら採りに行って(材料無料)、門松作って12月27日と28日だけ、ご近所(顔見知り)に売るのはなかなかいい商売です。日にちを絞れば、3000円で飛ぶように売れます。売れ残りは安売りせず、きっちり処分するのが、来年も同じ値段で売るコツ。私は脳内が昭和なので、門松作成でしたが、クリスマスリース作って売ってもいいかもしれません。

和菓子屋さんで厨房のバイト

偏見入ってますが、洋菓子屋さんより和菓子屋さんの方が、嫌な感じの大人が少ないです(でも、職人には、ナチュラルボーンモラハラ気質の人が多いので、合わないと思ったら秒で逃げてください)。和菓子作る系バイトは、和菓子についての知識も増えるので(真っ白に黒と赤の点をつけると鶴とか)、ちょっと教養ある感じになり、おすすめです。

知識や技術が身につく系バイト

上で紹介した助勤和菓子屋さんは知識や技術が身につく系バイトでもあります。どんな仕事でも、それなりに知識や技術は身につくものではありますが、どうせバイトするんなら興味が持てる分野の方が、一石二鳥です。

こういうの、知識や技術の点が全部繋がって、途方もない量になります。これらで得た知識って、それを発信するだけでお金になるんですよ。

知識や技術で付加価値がつけられる系バイト

上で紹介した門松作成&販売がこれに当たります。裏山から無料で取ってきた材料を自力で加工して売るわけですが、これ、巫女さんバイトで身につけた神事の知識が役立つんです。ま、私、クリスチャンなんですけどね。

発信する系バイト

その他、知識や技術は、発信しさえすれば、お金と直結します。今なら、プログラムなどをガリガリ勉強して、勉強過程をブログなどで発信してもいいですね。絵の描ける人なら、イラストを売ればよいでしょう。以下、私が高校生の時にやったバイト(というか、お金儲け)。

ネットない時代に読書感想文代行:読書感想文量産して同級生に譲る(本無料で読み放題)。

ネットない時代に投稿などで発信:旺文社のラジオ講座の冊子などにいろいろ投稿(図書券とか、マクドナルドのシェークのタダ券がもらえた)。

家庭教師:やや都会の進学校では無理だったが(転校後)、田舎の公立高校では数物化は好成績だったので、ちょっといいお家の同級生〜下級生のとこで教えてた(親と顔見知りになると、それがコネになる)。

女王様
上のモデルが残念なのは、やった仕事が残らないってところ。当時は全く気づかなかったんだけど、こういうバイトって実績の痕跡が残らないんですよ。

今なら? たぶん、女子高生ブロガーとかやってるかな。ブログは、自分で書いたものが残るから。顔出ししない方向で。

大学時代のバイト(コネ作り)

家庭教師は、生徒の親がコネになるような家庭で

家庭教師:医学部生は、正直、家庭教師を通してコネ作りがやりやすいのが美味しいと個人的に思っています。貧乏人は、時給も大事ですがコネを作ることがすごく重要。教授のお子さんとか、ご近所の名士のお子さんとか、有力企業のお子さんとか、生徒の親がコネになるような家庭で教えるのが吉です。

医学部に限らず、理系学部は授業はともかく実習は絶対なので、短時間で効率よくカネとコネの両方手にできるものが良いです。今なら他にもあるでしょうが、家庭教師はかなり効率いいです。

貧乏な家の子に教えたい? 気持ちはわからんでもありませんが、勉強好きな貧乏人は家庭教師なんていなくても、自力でもりもり勉強しています。大学に行きたい貧乏高校生をなんとかしてあげたいんなら、その高校生を正しく雇用して金儲けの方法を見せてやってください。

貧乏人は、大学生のうちからモラハラセクハラ対策を

さて、知ってると思いますが、医者って、ちゃんと立派な人も多い一方、モラハラ&セクハラする人も多いんですよ。医師として有能だとモラハラやセクハラしても許されちゃったりするし、モラハラセクハラする相手以外には、ものっそいい人として振舞ったり(本人も自分はいい人と本気で思ってたりする)するので、かなり危険です。しかも相手は自分より大抵社会的地位も年齢も上で、頭もいいから厄介

それから、これも知ってるとは思いますが、モラハラやセクハラする人は基本卑怯なので、後ろ盾がない人を狙うことが多いのです。だから、一回ターゲットになると、非常に抜け出しにくいです、恐らく。なんか、被害者が責められるという、訳わかんない世界だし。

貧乏だったり女性だったりする場合は、ターゲットになりやすいので、自力でコネをもりもり開拓しましょう。私はバイト先を選びまくった上に、医師会の偉い人を親に持つ同級生(もちろん女子医学生、超優秀でかついい人)と一緒に暮らして、諸々のハラスメント(当時はそう言う言葉はなかったけど)から逃げまくりました。研修医の間もあまり嫌な思いをせずに済んだのは、私が彼女達と対等だと思われていたおかげです。

女王様
逆に言うと、貧乏人や女性は「こいつ相手ならいいだろう」と思わせてはイカンのです。そのためには、貧乏人こそ「お忍びで働いている女王様(王様)」のつもりで動きましょう。いや、マジで。
にゃんこ
副作用で永遠の中二病に。。。

「お前(アナタ)のために言っているんだ」「こんなんで社会人として(医者として)やっていけるのかな」って言われたら逃げろ

知ってると思いますが、せっかく選んだバイト先でモラハラやセクハラに遭うこともあるでしょう。

ですから、策(強力なコネが得られそうなバイト)は二重、三重に。お互いのバイト先をお互いに牽制させることができれば、最強です。でも、そこまでしても、被害に合いそうになったら、思考停止してしまう前に、とっとと逃げてください。

モラハラやセクハラのキーワードは、「お前(アナタ)のために言ってるんだ」「こんなんで社会人として(医者として)やっていけるのかな」です。

伊達に長年産業医やってません。私には、もともと天然のモラハラ&セクハラセンサーついてましたが、産業医することで、めっちゃ磨かれてます。

こういうこという人からは、全力で逃げてくださいね〜。特に、バイトなんて、いつでもやめられるんだから。貧乏人は、高校生の頃からお金を稼いでください。大学生になったら、お金だけでなくコネも作ってください。

自力でカネもコネも作れれば、医局の理不尽さに嫌気がさした時に、にっこり笑って華麗に次の手が考えられますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください