元産業医がシガラミなしで語る厚生労働省のストレスチェック制度、産業医をどう使う? 産業医はどう使う?

みなさんの職場では、ストレスチェックの実地、ありましたか?

もし、法律通り実施していたら、2015年12月1日から2016年11月30日までに一回目、2016年12月1日から2017年11月30日までに二回目が実施されているはずです。

結論を言うと、私はストレスチェックは、「あるものは使い倒せ」派。このチェックを実地することで、年に一回、確実に、「ストレス」に気づく機会が得られるのなら、悪くない投資とも思うのです。

女王様
意義があるかどうか懐疑的な人も多いだろうけど、どーせ義務なんだから、元をとるくらいにがっつり使っちゃえばいいじゃん。

目次でサクッと把握

厚生労働省が定めるストレスチェックって何?

知っている人の方が多いと思いますが、厚生労働省では、2015年12月1日から、労働者数50人以上の事業場を対象として、年1回のストレスチェックの実施を義務化しました。

ストレスチェック制度は50人以上の職場では、罰則もある義務。50人未満の事業所では罰則のない努力義務。50人未満の事業所については、独立行政法人 労働者健康安全機構から、「ストレスチェック」実施促進のための助成金も出ています。

また、実施する場合の50人以上には、パートやアルバイトも(健康診断と違って)含みます。ただし、労働基準監督署への報告には含まなくても大丈夫。

女王様
法律変えて、助成金出す時の厚生労働省は、かなり本気だよね。

うまく機能するかどうかは、私にも実のところ分かりませんが、これは、国をあげて日本人の働き方やストレスをなんとかしたいというメッセージだと判断してよいでしょう。

なお、ストレスチェック、今更だけど、まだ始めてなくて、どこからどう始めていいかサッパリ分からなくてお困りの場合は、厚生労働省の外郭団体である独立行政法人 労働者健康安全機構にお問い合わせください。

また、厚生労働省では、ストレスチェック制度関係Q&Aも、公式に配布しています。

厚生労働省の公式ストレスチェックマニュアル

長いです。185ページあります。一応貼ります。↓ これです。

労働安全衛生法に基づく ストレスチェック制度 実施マニュアル:厚生労働省労働基準局安全衛生部 労働衛生課産業保健支援室
女王様
Politically correct な表現しか使えないから、途中で読む気が萎え萎えになるけど、このマニュアル、悪くないね。
にゃんこ
メンタルヘルス苦手なくせに、すごい上から目線だね。
女王様
あとね、マニュアル作成者達が、本当はマニュアルの中に「書きたかったけど書けなかった」んだろうなって本音も、よく読めばちゃんと隠されてる。
にゃんこ
ひー、えらそー。

ストレスチェックを一言でいうと?

185ページあるマニュアルを一言に集約すると、「ストレスチェックは、働く人が自分のストレスの状態を知るためのテスト」

で、ストレスレベルが高いってわかれば、自分で「医師の面談をうけるかどうか」決められます。ストレスレベル高くても、面談受けたくなければ、面談受ける義理も義務もありません。

つまり、このテストの最大の目的は、働く人が自分で自分のストレスレベルに気づくこと。

ついでに、可能であれば、本人の判断で、ストレスをためすぎないように自分で対応したり、必要な助けを求めてもらいたい。。。さらに、可能であれば、職場ごと、まるっと集団分析して職域の環境を整える。。。ところまでは、目的ですね。

テストはどんなテストでもそうだけど、その後の対応の方が大事なので、厚生労働省でも、ストレスチェック後の対応についてまで、詳しくマニュアル化しています。

味わってみよう! 厚生労働省のストレスチェックマニュアル

にゃんこ
味わうって。。。
女王様
まぁまぁ、翻訳は任せてよ。
にゃんこ
本当に今日はえらそーだね。

ストレスチェックに「性格検査」「希死念慮」「うつ病検査」を入れるのは愚かで浅はか

↓ のマニュアル文を翻訳すると ↑ の意味になります。

ストレスチェックとして行う調査票に、「性格検査」「希死念慮」「うつ病検査」等を 含めることは不適当です。

○ ストレスチェックは「性格検査」や「適性検査」を目的とするものではないことから、労働安全衛生法に基づくストレスチェックと銘打って、「性格検査」や「適性検査」そのものを実施することは不適当です。

○ 「希死念慮」や「自傷行為」に関する項目は、背景事情なども含めて評価する必要性がより高く、かつこうした項目から自殺のリスクを把握した際には早急な対応が必要となることから、企業における対応の体制が不十分な場合には検査項目として含めるべきではありません。

○ 事業者独自の項目を設定する場合には、上記のほか、ストレスチェックの目的は うつ病等の精神疾患のスクリーニングではないことに留意して項目を選定する必要があります。

引用文献:ストレスチェックに含めることが不適当な項目; 労働安全衛生法に基づく ストレスチェック制度 実施マニュアル p36 (2)ストレスチェックの実施方法, ストレスチェックの定義と調査票

補足すると、

  1. 性格検査とか適性検査とか会社への忠誠心とか、ストレスチェックのフリして入れるな
  2. うつ病がストレスチェックで分かってたまるか! 精神科医同士でも診断はバラつくぜ!
  3. 自殺したい人に、のんびりストレスチェックさせてる場合じゃないでしょ。会社がどうこうできるレベルじゃないでしょ

を、当たり障りない文章にすると上のマニュアル文になります。

にゃんこ
えええ、せっかくストレスチェック受けるのに診断つかないの?
女王様
本人が「本人の希望で」然るべき機関で診断してもらうんならともかく、職場で性格やら精神疾患やら、アンケートみたいな質問で勝手に「診断」されたい? (ま、診断つくわけないけど。)

ストレスの高低と、性格や病気は別物。

ストレスチェック後の面接の要否を、人事や上司が把握するのはダメ!

↓ の文言を翻訳すると ↑ の意味になります。

面接指導の要否が他の者に類推されないよう配慮してください。例えば、面接指導の対象者にのみ職場で封書を配布するなどの方法では類推される可能性が あります。電子メールで通知する、自宅に封書で郵送する、全員にストレスチェック結果を封書で通知する際に併せて面接指導の対象者である旨の通知文も同封して通知するなどの配慮が必要です。

引用文献:ストレスチェック結果の通知に当たっての留意点; 労働安全衛生法に基づく ストレスチェック制度 実施マニュアル p49-50 (5)ストレスチェック結果の通知と通知後の対応

面接の要否について知るのは、人事だけじゃなくて、事業者(上司とかも)もダメ。

ただ、知っておいて欲しいのは、ストレスチェック後の面接指導を申出した場合は、ストレスチェック結果は会社側に提供されるということ。また、面接指導の結果、必要に応じて就業上の措置が講じられることになります(1週間きっちり休ませてくださいとか、人のいない早朝/夜の方が仕事はかどる人はフレックスタイムで仕事させてください)とかです。

医師の面接指導ではなく、「相談」を希望することもできます。この場合は、会社側にストレスチェック結果を提供することはありませんが、就業上の措置が必要でも、すぐにその措置が講じられないこともあります。

女王様
ここがねー。一番難しいところの一つだよね。面接指導を選ぶと、高ストレスなことは会社に知らせることになるからね。

それに、体調悪そうだったら、1週間は休ませる(インフルエンザ並みに休んでもらう)けど、復帰しても仕事が減るわけじゃないのなら、却って体壊すこともあるからね。休ませちゃいけない時に休ませて、居心地悪くしてしまったんじゃ本末転倒だし。

医師による面接指導を希望すると会社に知らせることになってしまう→その対策のほのめかし

面談はしたくても、会社に知られたくないケースは多いでしょう。

このマニュアルでも、そのケースを想定して、お知らせ用の例文を載せています。つまり、産業医やストレスチェックの実施者が、きちんとマニュアルを読んでいれば、下記例文のような一文を載せくらいの甲斐性はあって然るべきなのです。逆に言えば、この程度の一文を入れられないような産業医やストレスチェックの実施者は明らかに準備不足・配慮不足・勉強不足です

※会社側へのストレスチェック結果の通知に同意はできないが面談を希望される場合は、上記の申し込み先に一般の健康相談として申し込んでください。
この場合はストレスチェック結果に関わらず、通常と同様に、保健師等または産業医による面談となり、保健師等と産業医のみが情報を共有いたします。安心してご利用ください。
⇒何か気になることや相談事項があれば、対応します。

引用文献:産業医からのお知らせ;労働安全衛生法に基づく ストレスチェック制度 実施マニュアル p60

にゃんこ
普段から産業医が健康相談とかにのってるような会社だったら、ストレスチェック後の面接指導が紛れ込んでても、不自然じゃないのにね。
女王様
そうなんだよね、普段から産業医がふらっと来て、健康診断結果を元にダイエットとか、筋トレとか、目を守りつつyoutube見倒す方法とかの雑談的健康相談してるようなケースだと、同時進行でストレスチェック後の面談やってても誰にもわかんない。特に、面接指導じゃなくて、相談と言う形なら、ますますわからない。

ストレスチェック後の面談でも、診断しないから!

マトモな産業医は意地でも診断しないから! もし、診断しようとする産業医がいるとしたら、勘違いしてるか、大馬鹿だから。ってか、精神科専門医で産業医って人も少なからずいるだろうけど、企業は病院じゃないから、抱え込まずにちゃんと適切な医療機関を紹介してね。紹介状は書いてね。

。。。と、いうことを、当たり障りなくマニュアル化すると ↓ のようになります。

面接指導による評価は、あくまでもセルフケアの指導・助言と専門医療機関への受診勧奨の要否を判定するにとどまり、うつ病等の診断を行うものではありません。面接指導の 結果によっては、専門医療機関への受診を勧め、必要であれば、紹介状を作成します。既に受診中の場合には継続的受診を指導します。受診勧奨においても対象者が受診の必要性 を十分理解できるよう対象者に合わせた説明が重要です。疲労や抑うつ、不安などが業務に関連しない個人的な要因によると認められる場合にも、ストレスの程度を判定して、必要な助言、保健指導や事業場外の支援機関の紹介等を行います。

引用文献 面接による評価を踏まえた本人への指導・助言; 労働安全衛生法に基づく ストレスチェック制度 実施マニュアル p73

女王様
臨床できる産業医だと、自分で診断して治療までしたくなっちゃう先生がいるかもしれないけど、それ、産業医違う。そう言うのは、自分の診療所でやって!

病院行きやすい環境作ったり、病気にならず気分よく働ける職場にしたり、なんなら病気でも楽しく働ける環境を整えるのが産業医だから! 

健康診断とストレスチェックは同時にやってもいいけど、ストレスチェック結果は事業主が把握しちゃダメなことを知っとけ

健康診断とストレスチェック、同時にやった方が時間の節約になるケースもありますよね。ただ、この2つ、とても似ているので運用上勘違いしやすいです。

特に勘違いしやすいのは、結果の取り扱い。

  • 健康診断:結果は事業者(上司)も知る必要あり→安全配慮義務あり
  • ストレスチェック:結果は事業者は知ってはいけない→ただし、面接指導を希望する時には、事業者(会社側)にストレスチェック結果を提供

。。。ってことをマニュアルでは以下のように表現しています。

事業者は、ストレスチェック及び法第 66 条第1項の規定による健康診断の自覚症状及び他覚症状の有無の検査(以下「問診」という。)を同時に実施することができるものとする。ただし、この場合において、事業者は、ストレスチェックの調査票及び健康診断の問診票を区別する等、労働者が受検・受診義務の有無及び結果の取扱いがそれぞれ異なることを認識できるよう必要な措置を講じなければならないも のとする。

引用文献: 健康診断と同時に実施する場合の留意事項; 労働安全衛生法に基づく ストレスチェック制度 実施マニュアル p137 ストレスチェックの実施方法等

ストレスチェックで、働く人が困ったり、プライバシーがダダ漏れになるのはサイテー

マニュアル上には、以下の部分で、ストレスチェックを働く人が困らないための法律的根拠や、具体的な方法が示されています。

10 労働者に対する不利益な取扱いの防止

11 ストレスチェック制度に関する労働者の健康情報の保護

(長いので、章タイトルだけ)

引用文献: 労働安全衛生法に基づく ストレスチェック制度 実施マニュアル p142-145

にゃんこ
ストレスチェック、うけてもいいけど、高ストレスとかだと、会社によっては嫌がらせされたりされそうにゃ。。。
女王様
うん。。。そういうのはダメって、マニュアル上にも法律上にも明言されてるし、このマニュアル書いた人たちが一番危惧してるのがこの部分だって読み取れるんだけどね。。。

でも、実際問題として、会社によるとしか言えない部分もあるんだよね。。。産業医にもあたりハズレあるし。

批判受けるとしたら、この部分なのは確かだけど、でも、このマニュアル以上にいいアイディアも浮かびません。

ストレスチェック制度で、産業医をどう使う?

マトモな産業医の協力が得られる会社(事業所)なら、企画から実施者から報告書までびっちり協力を求める

好き好んで産業医になり、会社(事業所)にも頻繁に顔を出す産業医なら(丸投げ。。。されても一人では物理的に、無理ですが)、企画からストレスチェックの実施者、こうストレスレベルの人との面談、集団分析、報告書まで大喜びでがっつり関わることでしょう。

そういう産業医がいるところでは、きっちり産業医を使い倒してください。たぶん、そっちの方が産業医も喜ぶし、働く人たちもきっとハッピーになる。。。(はず)。

名前だけ産業医の(事業所)には、実施者は荷が重い

厚生労働省の推奨モデルや上述のマニュアルでは、「事業場の状況を日頃から把握している産業医が望ましい」とあります。

が、実際問題として、

社員A
産業医が!?
日頃から!?
事業場の状況を把握!?
社員A
うちの産業医は、1年前に見かけただけですが、何か?

と、いうこともあるわけです。で、そういう産業医に実施者になってもらうのは無理。荷が重すぎる。お互い不幸になります。

女王様
そういう時は外部業者にまるっと丸投げして、
その業者の医師を実施者にして、
自分とこの産業医は「共同実施者」になってもらい、
最後の報告書の産業医のハンコだけもらう。

が現実的かな。

本当は、こういうストレスチェックのやり方時間と労力の無駄だけどね。

職場を知る気がない産業医にストレスチェック後の面接うけるくらいなら、飛び込みで精神科医に見てもらう方が1000倍マシ

にゃんこ
そういえば、女王様は、夏休みの一時帰国中、ストレスチェック後の面談バイト1つもしなかったね。
ストレスチェック後の面談できる産業医は少ないから、バイトいっぱいあったのに。。。
女王様
ストレスチェックって、その職場のことを知らない/知ろうとしない医師が面接しても、意味ないんだよね。
女王様
久しぶりの日本なのに、お互いに無駄なことするためにハウステンボス犠牲にしたくないもん。

産業医が、ストレスチェック制度を全く理解していなかったり、高ストレスレベルの人の面接を嫌がったり、そもそも会社に来てないようなら、この機会にに産業医を辞め。。。いえいえ、何でもありません。

女王様
産業医に全然期待できなくても、ストレスに自分で気づけたんなら、愛する夫とか、愛しい妻とか、信頼できる相手なら上司や同僚もいいと思う。普通の精神科医の先生に普通に受診するのももちろんアリ。っていうかそっちの方が1000倍マシ。

名前だけ産業医や、顔も出さない産業医に高ストレスの面談うけても新たなストレスになるだけ

会社にもアナタにも興味のない、名前だけの産業医に高ストレスの面談受けると大変不幸になりますので、二度と行かなくていいです。

一回目の面接に行くことくらいは、良くあることなので、大した不幸ではありませんが、ハズレの産業医に当たったとわかったら、二回目はやめておきましょう。

繰り返しになりますが、高ストレスであっても、医師面談を受けるかどうかはアナタが選べます。医師面談を受ける義理も義務もありません。

よく、産業医は会社側と言われますが、会社側ならまだいいんです。会社側なら、会社が儲かる=従業員ががっつり収益をあげるための工夫くらいはするでしょうから。ま、がっぽがっぽ儲かりたいのに、従業員が働きやすい環境をつくらない会社はバカだけどね。

でも、たいていの場合、名前だけ産業医は会社にすら興味がありません。興味がないから、会社寄りの指示すらも出せません。

そもそも、長時間労働やモラハラが横行しているような会社は、ストレスチェックしなくても、そちらへの対応は必要。それなのに、今まで放置してるわけだから。ブラック会社というより、ダメ会社でしょう。そこで働き続けたい?

女王様
高ストレスの人がいるから長時間労働やモラハラ対策するのは、ウンチの臭いで吐く人がいるからウンチを掃除するようなもの。

雇われ産業医は、全部名前だけ産業医なの?

女王様
いやいやいやいや、んなー、こたーない。
にゃんこ
わっ、すごい勢い。

雇われ産業医のほとんどが開業医の先生たちだけど、開業医の先生にもいい先生いっぱいいるでしょ? その中で、わざわざ産業医資格取るっていうのは、どこかの時点で、働く人のために何かしたいっていう気持ちがあったからだし、その気持ちに嘘はなかったはず(たぶん)。

そもそも、産業医への謝礼なんて、時給 1 万円くらい(交通費込み)。24時間365日働かなくちゃいけない勤務医よりはいい時給だし、悪くはないけど。。。

開業医だったら潰れそうなクリニックでも、産業医するよりスポットの当直アルバイトした方が、世のため人のためお金のため。ウハウハなクリニックでも、その時間で自分のクリニックでたくさん患者さんを診た方が世のため人のためお金のためになるでしょ。

どっちにしても、開業医が産業医資格とったって、大して美味しくないわけ。

でも、時間もお金も使って産業医資格とってるからには、やっぱり(多少は)役に立ちたいと思ってるんですよ(たぶん)。

そういうわけで、産業医の面談、一回くらいは受けてもいいんじゃないかな。。。と、私は思います。でも、ハズレだったり相性悪かったら秒速で逃げましょう。選ぶのはアナタ。何度も書きますが、医師面談は受ける義理も義務もありません。

産業医はストレスチェックをどう使いこなす?

面接を受ける義理も義務もないのに面接に来てくれた事実を大切に

ストレスチェック後の面談は、他の健康診断等とは違い、本人が希望したケースでしか医師との面談は行われません。

これは非常に重要なことで(実際にはどんなにプライバシーに配慮し、守秘義務が守られていたとしても)、面接希望者は「例え会社に知られてもなんでもいいから、この状況を何とかしてくれ!」という追い詰められた気持ちであることが少なくないことを理解する必要があります。

メンタルヘルスが苦手な産業医こそ、ストレスチェックを有効活用

メンタルヘルスが得意な産業医は、ストレスチェックがなくても、その社員が高ストレスにあるかどうか、その職場の雰囲気が一般的に言って働きやすい職場かどうかくらい、分かります。そして、ちゃんと空気も読めるので、声をかけた方がいいタイミングなども分かる。

ですが、私のようにメンタルヘルス苦手な産業医は、ストレスが数値化され、しかも、「面接指導を希望」することを、社員の方で選んでくれるストレスチェックは、とてもありがたいです。

ストレスチェック制度、うがった見方をすると、メンタルヘルス苦手な医師が、ストレスを抱えて働いてる人のために、役に立てるように作られた制度なのかも。

にゃんこ
健康診断の面接指導って、うざいにゃ。健康診断の度にいちいち呼び出されて面倒にゃ。
女王様
ところが! ストレスチェック制度では「高ストレスの人が、自分で面接指導を希望!」してくれるんですよ!

メンタルヘルス苦手な産業医のみなさん、ストレスチェック制度、使いましょう。使い倒しましょう。

南極のライオン、熱帯のオオカミ

私のようにメンタルヘルスが苦手な場合は、「この社員は、南極のライオンや、熱帯のオオカミなのかも知れない」と考えると、多少マシな対応ができます(そうやって今まで乗り切ってきました、ベストとは言えないまでも、お互いの不幸がかなり減ります)。

高ストレスのライオンやオオカミは、本来強く賢く有能でも、イライラしたりしょんぼりしたりしていますよね。毛並みも悪くなり、美しさが減ります。産業医は臨床医ではないけど医者なので(=産業医は獣医ではないけど医者なので)、社員が(ライオンやオオカミが)体調が悪そうなのは分かる。でも、臨床医ではないのだから(=獣医ではないのだから)、自分で診断はできません。明らかに病気の社員は腕によりをかけて選んだ臨床医へ、病気のライオンやオオカミは獣医へ紹介しましょう。

休ませるのは非常に有効な方法です。休んでいる間に、何もしなくても、勝手に自力で元気になってくれる場合も多いのです。

女王様
休ませる場合は、ちまちま1日とかではなくて、最低でも1週間単位でどうぞ。インフルエンザだって1週間休ませるでしょ?

定時で帰らせるという措置は、一見良いように見えますが、ライオンやオオカミなどの夜行性の場合は、電話や雑音の少ない夜の方が仕事が捗る場合も多く、一概に言うのは非常に難しいです。職種にもよりますが、定時かどうかよりも、「仕事の絶対量」や「拘束時間」の方を重視してください。

産業医であるということは、世界中のどの医師よりもその職場を知っているということ

産業医であるということは、社員の仕事や仕事場(ライオンやオオカミの狩の仕方や狩場)を誰よりも良く知っている医師ということです。他の部分がヤブでも仕方ありませんが、産業医を名乗るからには、自分の持ち場の職場を知っていることおいては、世界一でありたい。

キレイゴトのように聞こえるかもしれませんが、私、本当にダメな人って、会社で見たことないんですよ。仕事や環境が合ってないってことは多々あるけど。

きちんと休んでもらって、その人本来の姿を取り戻したとしても、どの部署のどの仕事もどの環境もどうしようもなく合わないのであれば、ライオンにはサバンナを、オオカミには雪深い森を見つけてもらってもいいのかもしれません。

女王様
石の上に三年も座ってたら、健康な人でも褥瘡できるよ。

ストレスチェック制度の全国的な実施状況は?

2017年7月26日、厚生労働省から各報道機関に向けて、「ストレスチェック制度の実施状況を施行後はじめて公表します」として、正式にストレスチェック制度の実施状況が公表されました。

概要は以下の通り。

  • ストレスチェック制度の実施義務対象事業場のうち、82.9%の事業場がストレスチェック制度を実施
  • ストレスチェック実施事業場の労働者のうち、ストレスチェックを受けた労働者の割合は78.0%
  •  ストレスチェックを受けた労働者のうち、医師による面接指導を受けた労働者の割合は0.6%
  •  ストレスチェックを実施した事業場のうち、78.3%の事業場が集団分析を実施

出典:厚生労働省:「ストレスチェック制度の実施状況を施行後はじめて公表します」

詳細は、こちらから。

にゃんこ
こう言うの眺めるの女王様好きでしょ?
女王様
うん、数字って眺めてると気持ちいいよね。できれば%だけじゃなくて、実数も知りたかったな。逆算する元気はない(するけどw)。

こっそり、ストレスチェック受けてみる?

厚生労働省では、一般向けに「こころの耳」というポータルサイトを作っています。ストレスチェックに関することだけではなく、パワハラやセクハラなどの事例や、厚生労働省版ストレスチェックも紹介されています。

にゃんこ
にゃんこは会社に行ってないけど、こっそり自分でやってみたいにゃ。
女王様
これだね。私も自分でやってみたよ。

以下は初めの質問です。こんな感じの57問の質問に答えると、最後に結果が表示されます。

職場の改善する気があるような職場なら、職場でストレスチェックを受ける意味は大いにあります。でも、職場に働き方を改善する気がなさそうなら、個人的に自分のストレスレベルの把握だけでもやってみるのは悪くないです。

ただし、会社側で、コレをストレスチェック制度代わりに使うのはダメ。ちゃんと衛生委員会通して、厚生労働省からプログラムダウンロードするなり、業者雇うなりして実施してね。

また、「こころの耳」では、高ストレスの場合、電話やEメールで個人の相談にものってくれます。時間は少しかかりますが、無料です。

まとめ

厚生労働省のストレスチェック、義務なのは事業者だけで、従業員側には(従業員も受診義務がある健康診断とは違い)何の義務もありません。でも、厚生労働省は割と本気でこれを推し進めているし、働く人が過労死や過労自殺せずに済む国にしたいと本気で考えているように思います。

そして、本気なだけあって、厚生労働省労働基準局安全衛生部 労働衛生課産業保健支援室 で作成している労働安全衛生法に基づく ストレスチェック制度 実施マニュアル は、とてもよく考えて作ってあります。

女王様
これ、役に立つんかいな? って疑いは、私もゼロではないけど、せっかくあるものは、有効に使い倒せばいいんじゃない? どーせ義務なら役立てた方がおトク。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください